魚市場ブログ

どうした東京都?

2019年08月04日

日刊食料新聞にこんな記事がありました。

骨子は

● 卸の第三者販売は月ごとに事後報告をすることを条件に自由化。
● 仲卸と卸の役員兼務の禁止規定の撤廃(卸による仲卸の系列化が進む恐れ)
● 卸、仲卸の小売行為の自由化。

大阪市場は以前から卸がECサイトを持つなどしていますから
おそらく大阪市場も東京と同じ道を辿ることが予想をされます。
しかし2大消費地市場がこの様な方向付けになるとは正直びっくりです。

仲卸の生き残り
いよいよ正念場を迎えることになりそうです。

それとあいまって開設者も
公設から民営へとシフトしていくでしょうね。

しかしながらこの様な大変化が起きるときは
ビジネスチャンスの到来という事もいえますから。
 

ページの先頭へ