魚市場ブログ

島根・大田より

2019年02月07日

休み明け
近隣、追っ駆け、もろもろ今日も不発でした。

そんななか仲卸・森滝

島根・大田からの魚を発見、マゾイでした。

標準和名はキツネメバル
旬は不明、年間を通して味がよい。
白身魚でほどよく繊維質で煮る、焼くなどしても身離れがいい。
汁にしてうまいだしが出る。
ソイの仲間では一番味が良いとされているらしい。とありました。

そして島根大田からはこんな記事も届いてました。

みなさんご存知でしょうか!
平成29年度のアナゴ類の漁獲量について、
水産庁の調査では島根県が508tで全国1位なんです。
しかも島根県内でのアナゴ漁獲量のうち大田市がシェア45.7%もあるんです。

そこで、全国に向けてPRしたい思いで、
3月24日日曜日12時から
大アナゴ祭を波根旅館街、水明館さん裏の海岸で開催します。
アナゴの網焼き、アナゴ丼、アナゴ天、アナゴの味噌汁を食べながら
石見神楽も見ることのできるイベントです。

参加費は2000円で80名限定申し込みが必要です。
総理官邸で表彰され、
安倍総理も食べた一日漁の干物の販売なども行いますので是非ご参加ください。
また市内の飲食店でも食すことができるようただ今準備中です。

どうです、行って見ませんか!

ページの先頭へ