魚市場ブログ

横浜市が国から選定されたSDGs

2019年03月09日

以下は 林 文子 横浜市長のコメントです。

「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定され、
今後の取組への意気込みを新たにしています。

SDGs達成に貢献するため、しっかりとリーダーシップを発揮していく決意です。
選定にあたっては、これまで横浜市が「環境未来都市」として生み出した先進的な成果や、
市民・企業・大学など関係者の皆様と培ってきた“連携”を発展させ、
更なる成果につなげるビジョンを評価いただいたものと思います。

本格的なスタートに向け、国と連携し、またオール横浜で取り組み、
その成果を内外の都市と共有することで、SDGs未来都市・横浜を実現してまいります。

SDGsという視点から
横浜中央卸売市場の役割を、
すでにやっていること
これから、やるべきことを考え直すことも大いに必要かと。

※ 未利用魚の活用
※ キャベツウニ栽培促進
※ 小学校の出前授業
※ 県下の漁港支援
※ 県産県消
※ 市内(県下)の飲食店支援などなど

来年の2月19日・20日は横浜でSDGsの国際会議!

 

 

ページの先頭へ