水産物部経営ビジョン

経営理念

私たち横浜市中央卸売市場本場水産物部(横浜魚市場卸協同組合)は、横浜の食文化を支える公器として、地域社会の成長と発展に貢献することが重要であると考えます。そのために、私たちは、流通を支える生産者、市場人、消費者の想いを尊重・反映してグローカルに活動することをお約束します。

地域社会へのお約束
地域社会へのお約束
生産者・市場人・消費者の想いを繋ぎ、グローカルな市場活動を通じて、地域社会の成長・発展に貢献します。
市場事業へのお約束
市場事業へのお約束
横浜独自の進取的な取り組みと変革に努め、選ばれる市場をめざします。
ステークホルダーへのお約束
ステークホルダーへのお約束
食の喜びの提供により、市場に集う人々の幸せを創造します。

水産物部経営ビジョン(PDF)

※グローカル(Glocal):グローバル(Global:地球規模の)とローカル(Local:地域的な)を掛け合わせた造語で、「地球規模の視野で考え、地域視点で行動する」という考え方のこと。

行動規範

粋・活・生

横浜市中央卸売市場本場水産物部(横浜魚市場卸協同組合)の行動規範は、「粋・活・生」をテーマとしています。

粋 自らの仕事に誇りを持ち、プロとして行動する。
品位をもって仕事に取り組む。
活 明るく活気のある市場をつくる。
相互に信頼・協力し、市場の価値を最大限高める。
生 安全・安心で新鮮な水産物を提供する。
現場で考え、現場で行動し、お客様に満足を提供する。

将来像と目標

横浜市中央卸売市場本場水産物部(横浜魚市場卸協同組合)は、経営理念および現状の問題点・課題をふまえ、10年後にあるべき将来像を設定し、それらの実現に向けた取り組みを進めてまいります。

将来像と目標

重要課題とプロジェクト

重要課題とプロジェクト

<<組合紹介に戻る