魚市場ブログ

三重、宮崎からの旬

2020年11月12日

三重から、届いたこの鯵

手に取ってみたら、なんか鯵の様子が違います。

本州では駿河湾から西南に行くほど目にする機会が増える鯵で、
関東では血合いが大きく脂が少ないとあまり人気がないみたい。

マアジの取れない沖縄では重要な食用魚のひとつで。
比較的まとまってとれるので安く料理法も選ばないので
総菜魚として加工品として価値がありそう。

関東では初冬から年末にかけて入荷が多くなり
マアジに比べると目が大きいことからメアジと呼ばれています。

三重からはメアジの横に大振りのウルメイワシ

今朝は平塚からも入荷がありました

チビサイズも

平塚からはチビサバも

ウルメイワシ
実は最大で40㎝にもなります、
主に丸干しとして流通し、
目に串やワラを刺した「目ざし」
鰓から通したものが「頬ざし」

イワシの仲間の干物で最高峰に位置
しらす、ちりめんなどにも混ざるが少なく、
盛期は冬から春ってところでしょうか。

実はウルメイワシが鰯の中では一番旨い!とされております。

4:30~のセリは
宮崎からのカワハギがメイン!

カワハギ

旬は一般に夏とされるが、
秋の方が肝が大きく味も安定をしているようです。

ページの先頭へ