魚市場ブログ

格差

2021年01月07日

コロナ禍の市場ですが
横浜の12月の数字を〆てみると
意外なことに1年を通じ総体の売り上げは落ちていませんでした。

あれだけ飲食店関係が悪いのになぜ?????
実は市場にもいろんなタイプの売り先があって
もちろん飲食店もその一つのジャンルに入りますが
量販店と呼ばれるスーパー関係もウエートの高いお客さんなんですね。

実は全国の中央市場のあらかたは
いまやその売り上げで支えられているといっても
過言ではないんです。

コロナ禍において、
量販店関係は意外にも比較的高い伸びを示し、
結果、総体の数字を前年より少し押し上げた形になったと思われます。

しかしながら、飲食店をメインとする仲卸にとっては
まさに死活問題です。

今朝も市場内の巡回をしてましたら、
飲食店には分厚い補助があるのに、
なぜ、我々には一銭も支給されないのか!

といった、声が複数寄せられれました。

 

 

 

ページの先頭へ