魚市場ブログ

由々しき問題!

2021年01月23日

ただでさえ、
魚が少ないこの冬場の時期なのに

コロナ禍で、結果魚価が低迷する事態となって
今や漁を間引くそんな傾向もあるようです。

ですから、緊急事態宣言が明けて
少しでも改善に向かわないと
益々、市場に魚がやってこなくなる。

少ない魚を、奪い合うようになれば、
魚価も高騰し、益々魚離れが助長される

何より、世界に冠たる「和食」のベースは
「出汁」と相まって、魚はメインファクター

この負のスパイラルを断ち切らないと
日本食そのものの、維持、継続、発展がおぼつかなくなる。

まあ、すべてが杞憂に終わればいいのですが。

仲卸・伊勢三に大間からの「ふのり」

潮間帯上部で群落を形成、
日本を含む北太平洋沿岸域に分布する。

古くはの原料とされ、
漆喰織物の糊つけ、工芸品整髪などさまざまな用途で利用されていた。

酢の物、味噌汁、変わったところではラーメンなどに。

ページの先頭へ