魚市場ブログ

角上魚類

2021年04月08日

街中における魚のカテゴリーキラーに
新潟・寺泊の水産仲卸が運営する角上魚類がある。

横浜市場の近くでは大和市のつきみ野

4月3日(土)の13:00頃に訪問

相模原の南橋本に店舗が存在をする。

こちらは4月7日(水)14:30頃訪問

★ 下氷の魚陳列
★ 対面販売
★ 圧倒的な、
  刺身の盛り合わせ、種々の寿司のラインナップ
★ 漬け魚
★ 各種冷凍魚

この辺が人々を寄せ付ける魅力なのか!
お値段の方は、けっして安くはありません。

視察してしみじみ思うことは、
この手の販売形態を持つ店が今や街中にほとんどないこと。

ゆえに、魚のおいしさ、多様な食べ方が伝わらず
魚を食べない日本へと変遷していった様がよくわかります。

街中に魚屋が激減をしてかなりたちますが
そうかといって簡単にこうした店ができるかと言えば、
そこはハードルが高い所なんですね。

まずはスタッフの教育、
魚のことならなんでもお任せ!

その手の人間を沢山育て、
店全部が下氷の対面販売の店舗を作れるなら
またそのモデルが模倣をされ全国的な展開になれば、
も一度魚は大いに見直されると確信をした、視察感想です。

ページの先頭へ