魚市場ブログ

関鯵

2021年07月23日

仲卸・丸勇に

御存知のブランドが

上図の様を見れば一目瞭然、海流が激しく波も高く
かつ海底の起伏が複雑で漁網を使った漁に適さないため、
伝統的に一本釣りが行われてきた。

また、重さを量ることなく
魚を見て大きさや重さを判断する 面買い(つらがい)で売買され、
かつ出荷に際しては活〆が施される。

このような取り扱いにより、
関あじは魚にストレスがかからず、魚体に傷が付きにくいため、
鮮度が落ちにくいという特徴も有している。
大型で鮮度が高いため、関あじは刺身として食されることが多い。

ただし、干物や、揚物などには不向き!

 

ページの先頭へ