魚市場ブログ

香箱到来!

2020年11月10日

仲卸・伊勢三に「黒子」と書かれている箱を発見
箱にはこの蟹が

ズワイガニのメス、北陸地方で「セイコ」「香箱ガニ」呼ばれる奴です。
この写真ではわかりにくいですが、
黒子とは外側から見たときに卵が黒く見える奴を指します。

下の写真の様に、
オレンジ色の奴を「赤子」「紅子」と呼びます。

卵を産んで日が経って外に出ているのが黒い奴は
中にまた新しいのをいっぱい持っているので価値があるんですね。

11月に漁が解禁になり、活け物も含め
今週から市場のあちこちの店で、
その姿をムることができるようになりました。

そう、甲羅の黒ぽち、実は海ヒルの卵で

これが沢山ついている蟹が旨いとされてもいます。

気になるお値段の方ですが、
それほど高価というほどではありません。

また今朝も平塚から魚が届きましたが

珍しいオキザワラ

それとキハダマグロの入荷が。

ページの先頭へ