魚市場ブログ

市場レポート!!

2021年09月04日

おはようございます🌞

今週最後の市場レポート行ってきます!!


青森県から(婆鰈)

ほかの種類のカレイと違いナメタガレイは人気の高い高級魚として取引されるんです。ナメタガレイの身は白身でクセが無く、煮付けが定番ですが、新鮮ならお刺身が美味いです!!

静岡から(目鯛)

このメダイという魚は西京漬けなど切り身にして焼いて食べるのが多く、宴会料理の焼き物の1品として出されることが多いみたいですね〜メダイは秋〜冬が旬で、今からが美味しい時期になります!!旬の時期の刺身がおすすめです。脂のノリも非常によく絶品です。また昆布などと一緒に冷蔵庫で寝かした昆布締めもおすすめですよ〜!!

北海道から(秋鮭)

鮭には紅鮭、銀鮭などの種類があるんですが、日本で水揚げされる生鮭のほとんどが白鮭なんです。白鮭だけでも様々な呼び名があって、その中でも秋鮭とはオホーツク海などを数年回遊した後に、産卵の時期である秋に日本の川へ戻ってくる白鮭のことを言うんですよ〜秋以外の時期に間違えて日本沿岸に近づいた白鮭は皆さんもよく聞くと思いますが、高級な時鮭(時しらず)です!!

 

北海道から(鮭の白子)

鮭の白子(白子とは精巣です)秋の一時期だけに出回る希少食材なんですよー!!しかも体によくて、貧血予防、肥満予防、脳機能の改善、疲労回復、糖尿病やガンの予防効果もあり、美肌効果も発揮します。シャケの白子にはこの「核酸」ってのがたくさん含んでいて、もう1つは「プロタミン」という成分もあり老化防止の効果がありもあるそうです!!

北海道から(筋子)

鮭の白子ときたら筋子ですよね〜前にも載せましたが、筋子(すじこ)とは、鮭の卵巣に入ったままの卵で、それを塩蔵したものです。逆に卵巣膜を取り除きバラバラにしたものをイクラって言います!この今の時期の秋鮭が産卵時期なので今が秋の今が旬です!!

大間の本鮪(黒鮪)

黒いダイヤと呼ばれるクロマグロ(本マグロ) 津軽海峡で水揚げされるマグロは、天然の本マグロで皆さんもよく知ってると思いますが、大間町で水揚げされたマグロは最高級品です(大間まぐろ)というブランドネームで、全国に知れ渡っていますよね〜味は、赤身は旨みとわずかな酸味があって他のマグロと比べてコクがあり、中トロは赤身の旨みに脂の甘みが加わります。最も脂の乗った大トロは口の中でとろけますちなみに、大トロが取れるのはクロマグロとミナミマグロだけなんですよ!!

ページの先頭へ