魚市場ブログ

市場レポート!!

2021年09月11日

八丈島から(姫鯛)

スズキ目・フエダイ科のこのヒメダイは、高級魚で市場では伊豆諸島や小笠原から入荷があります。漁獲量が多くなく一般的に流通することが少ない魚なんですよ。関東地方では(別名オゴダイ)と言う名前が認知度が高いですね~身は白身で・煮つけ・焼き・お刺身・様々な調理に使えますよ!!皮も湯引きして刺身がオススメです!!

千葉県から(小肌)

シンコ・コハダ・ナカズミ・コノシロと成長するたびに名前が変わる魚で有名です。江戸前寿司と言ったらコハダは欠かせない1品、こはだは酢締め(酢と塩に漬ける)で食べるのが一般的で、江戸時代は、冷蔵庫などはないので、今のような生魚メインではなくて焼き物や煮物、酢締めなどで腐らないようにしていたんです。

茨城県から(本物の牡丹海老)

セリ場で、見つけたボタン海老??こんな色してたっけ(・・?と思い尋ねたらこれが本家本元のボタンエビだと教えて頂きました~普段よく目にするボタンエビは、調べてみると、、(トヤマエビ)と言う名前でした。タラバエビ科タラバエビ属の一種で、一般には(ボタンエビ)として市場に流通しています。正式に(ボタンエビ)の和名が付けられているエビが同じタラバエビ科にいるのですが、漁獲量が減り、近縁種で食味が似ている(トヤマエビ)が代用されるようになり、いつしか本種が(ボタンエビ)として定着してしまったそうです!!ビックリしましたね~

この濃いオレンジの斑点が特徴で全体的に黄色味がかっています!!

静岡県から(鮎並)

アイナメが最も美味しい時期は秋の暮れから冬にかけてと言われています。身の特徴は脂身が多いことが挙げられます。脂の多さからあぶらめと呼ぶ地域もあるほどなんだとか、、アイナメは、非常にあばらが多い白身魚で刺身も美味しいですが、旬の時期は煮付けや焼き魚にされて多くの人に好まれていますね~

ページの先頭へ