魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

今年の夏

2019年07月13日
このところ魚が少ない横浜中央市場です、 時化、潮、温暖化、いろんな理由があるのだろうけど・・・・。 ともかく天候不順もあいまって今年の夏はすこしばかりおかしい。 今朝も平塚から 日海丸のこの魚 なんとも寂しい入荷でしたね マイワシ シコイワシ ムツ のかわいいトリオが またマグロのセリ場は 石垣島のメバチマグロ 大船渡(定置)天然の本マグロ オーストラリア・NZ天然のインドマグロの姿がありました。 そして加工品のセリ場には 国内外で不漁のイカ類の姿が

続きを読む

春夏秋冬クリアファイル

2019年07月12日
春夏秋冬の クリアファイルが 出来上がって参りました。 4枚一組、有料で販売することも考えています。 PS 今朝も平塚は揃いぶみ、日海丸はワラサ多し このところ網に入ることが多くなったこの子 平塚漁師の若者達がなにやらめちゃ旨の料理方法を開発したらしい。 実際、自分の目で確かめるべく、あるいは舌で味わうべく 近々おじゃまをすることにしましよう。    

続きを読む

休み明けの揃い踏み

2019年07月11日
休み明け、久しぶりに 冨岡 平塚・川長 平塚・日海 から魚が入ってきました。 平塚組で目立ったのはワカシ そして日海はワカシのほかに青鯵が多かったですね。 また少ないながら鎌倉からの入荷も さてたまさか本日入荷の青鯵と真鯵、 その外見上の違いです、 一番明瞭なのはゼイゴの形状でしょうか。 まずは同じ平塚で獲れた真鯵 そしてこちらが青鯵 ゼイゴ部分が短く、かつ直線 ほんと一目瞭然ですよね。 そして平塚から入荷をしてきた魚、 鯖やワカシの口に入っていたのを引っ張りだすと ハダカイワシ マイワシの姿が現れました。 このサイズのカマスも引っ張りだしたら出てきましたが、 網を上げた際にたまさか口に入って…

続きを読む

休み前市場風景

2019年07月09日
東の風が吹いて波立ちが起き、 結果時化状態になったらしく明日が休みだというのに 近隣も遠方も、ほとんど全滅状態の今朝の横浜中央市場でありました。 ですので今日は市場風景を 早々片付け用の氷 でも鎌倉からは無事に入荷 アオリイカを中心に 横浜丸魚・マグロのセリ人 横浜魚類・マグロのセリ 仲卸・八清 仲卸・八丁武 インドマグロ試食あり 仲卸・三栄 それぞれの場所で得意分野の捌き 仲卸・ムラマツ ヒメコダイ ハシキンメ 仲卸・伊勢三 淡路肉厚マナカツオ

続きを読む

食育セミナー

2019年07月08日
土曜日は学校食育財団の皆さんに来ていただいて 食育セミナーを10:30~開講をいたしました。 講師は大日本水産会の川添さんが マイクロプラスチックは魚の体内にほとんど残らない の話しなどをメインにし 横浜丸魚の齋藤さんは、日本の現状のあれこれを わかりやすく説明 最後は会場の皆さんにホヤの磯辺揚げを試食してもらって 90分の講座を終えました。 狙いは学校給食の管理栄養士さんたちに 規格外の魚をどう給食に取り入れてもらって、もったいないをなくしていくか。 閑話休題 ※ 明日は10:00~横浜中央市場の調理室で寿司教室 ※ そして8月10日は親子料理教室も開催をされます。

続きを読む

市場開放

2019年07月07日
7月から9月まで魚河岸汁配布のない市場開放が続きます。 昨日はそんな日でしたが、人が貯まる場所が出来ないことで かえって来場者が分散していい結果になったかも知れません。 9:00~11:00まで、ほんとに盛りだくさん!! いつもは汁物配布の魚河岸処ではなんとこんなお披露目も。 目下一番人気 そして 市場探検隊も 仲卸店舗ではクジラの立田揚げも 次回は7月20日です。

続きを読む

商業捕鯨

2019年07月06日
横浜丸魚のセリ場に クジラを発見 北海道は釧路からの商業捕鯨の第一便でした。 なかには 『すのこ』と呼ばれる貴重な部位も 因みに、クジラの種はミンククジラ <検索> 赤道付近をのぞく世界中の海に棲息し日本では日本海、北海道、三陸には夏に現れる。 日本で捕獲しているクジラ目は歯クジラ類のツチクジラ、ゴンドウクジラ、 そしてヒゲクジラ類のミンククジラ。 ヒゲクジラの仲間には歯がなく、 ヒゲ板という特殊なものでオキアミやプランクトン、 またはマイワシなどを海水から濾しとって食べている。 このヒゲクジラの仲間には 地球誕生以来最大の生物であるシロナガスクジラが含まれているが ミンククジラはもとも小型で…

続きを読む

シール&バッジ

2019年07月05日
台風などあって久しぶりに平塚・川長から魚が 平子の山 他に鯵 ワカシ そして1.2㎏のゴマサバ 今朝は鎌倉からも 平塚・鎌倉・小坪からのいわゆる「追っ駈け」は セリ場の一角にこんな感じで掲示をされます。 よく見るとシールが そして今日から新たに 非公認ではありますがバッジも登場 まあ、追っ駈けは ヨコハマイチバの文化遺産みたいなものですから。

続きを読む

大間の木もずく

2019年07月04日
横浜丸魚のセリ場に 青森は大間から 木もずく <検索> 大間特産天然木もずくは春から夏にかけてがシーズン 弁天島周辺の潮流の早い場所で漁獲をされ、柔らかさ、美味さは最高! 湯掻いた奴をポン酢をかけて、あるいは味噌汁の具材などで。 木もずくとは? 海中に木の根ように生えているため木もずくと名前がつきました。 <おまけ>(その1) 仲卸・本勘幸、いつもの捌きの場所に ザルに乗せられた御覧の鰯が目に留まりました 捌いた本人曰く、『世も末ですね』と、なんと魚屋さんの注文だそうです。 <おまけ>(その2) 仲卸・伊勢三に 超巨大な赤貝、楽勝、普通の3倍、もちろんお値段の方もでしたが。 <おまけ>(その3…

続きを読む

コールドチェーンと目利きがあれば

2019年07月01日
いまや世界的です、先日のタイでも感じましたが アジア地域でも日本食の高まりには目を見張るものが、 今回訪ねた上海ではそれをはるかに上回るものを感じました。 隈研吾さんが上海のこのホテルの地下に設計をした くろぎ(日本で予約が出来ない和食の店) いくつかの部屋がありましたが 8人しか座れないカウンターがやはり華 たまさか板長さんと話しをしたら、 きちんとした和食を出す店はまだまだ少ないけど 最低300軒は日本人が板前の鮨店があるから、 それらを対象にして温度管理、目利きが出来る魚の卸店があれば、 皆さんこぞって買いに行きますよ!と。 いまや3000万人が住む上海 かの地での仲卸店舗プロジェクトも…

続きを読む

ページの先頭へ