魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

さて月が替わりました!

2021年02月01日
土曜日の日テレ・世界一受けたい授業 ほんのちょこっとでしたが 横浜市場の宣伝にはなったかと そう番組内で魚の消費量の話しがあったのも まあよかったことでしたでしょうか。 さて月が替わりましたね 2月7日までの緊急事態宣言、この調子だと伸びそうですね。 市場の仲卸は いろんな取引先を相手にしていますが、 飲食店をメインにした仲卸の売り上げ減少は半端ないみたいです。 今朝も、そんな仲卸の社長と話をしましたが 昨年対比70%減だそうです。 今のところ我々問屋筋の援助スキームは 売上50%減の事業者に月40万の国の補助が検討対象 横浜市場、独自の横浜市の制度は 昨年比5%減が条件の売場使用料の延滞払い…

続きを読む

素晴らしい出来です!

2021年01月30日
横浜中央市場・水産部とSSWSWSSSSSSSSSSSS 横浜ガストロノミー協会との初コラボ 11人のシェフによるレシピ本が出来ました! 素晴らしい出来です! PS 本日 19:00 日本テレビ 世界一受けたい授業 白石麻衣魚をさばく!コーナーに 横浜中央市場、少し顔出します。

続きを読む

問い合わせ多し!

2021年01月29日
緊急事態宣下、 飲食店は大変な事態に陥っていますが お客様相談室には、このところ、 開業とか仕入のアクセスが多く、誠に嬉しい限りです。 今朝も6:30~、 そんなお客様を案内させていただきました。 スペイン語で「小さい」を意味する  Un Poco (ウンポコ) 〒231-0806 横浜市中区本牧町2−313−7 サングレイス本牧 101 080-9526-1306 定休日 水曜日 パエリアなどが特徴のスペイン料理店、 座席数は8席とのことで、まさに店名通り 素材を肉より魚にシフトをし、 更なる差別化をはかりたいといっておりました。 そうそう、 横浜新市庁舎からも仕入要望が舞い込んでいます。 …

続きを読む

休み明けは青森&

2021年01月28日
近場(本牧・富岡・小柴・平塚)は全滅の休み明け、 そんななか、 青森・下北半島からは アンコウ そしてフレッシュそのものの真鱈が 同じく、青森・八戸からは サクラマス そういえば釧路からもサクラマスが入荷してました。 それと先日は大船渡からのがでしたが 今週はもっぱら銚子の鰯 脂ばっちりの様に 名店、店主も思わず手に取っていました。 そうでした、淡路の春子(カスゴ)も 店主のチョイスに まあ、明日に期待を致しましょう。

続きを読む

お客様相談室

2021年01月26日
週に2日~3日、7:00~9:00位まで 只今、仲卸・ムラマツで 魚の捌き研修をしている食文化研究家が居ます、 なんと御覧の様に女性! そして、このところお客様相談室 070-4031-9874にも 開店、リニューアルの仕入相談が 相次いで舞い込んでいます。 コロナでじっと引きこもっている人ばかりでなく こうして、明日に向かって、 アクティブに動く人達も確実に存在します。 ちなみに、どんな魚があって どんなお店や、どんな人がいるのか 6:30~7:30位に市場に来てくだされば 相談室で案内いたしますので、ふるってどうぞ! そうそう、こうした捌きも、御要望があれば そちらも是非、研修費は別途相談…

続きを読む

時化の週明け

2021年01月25日
全国的にも荒天だったようで 週明けも魚は少ない、そんななかあまり見かけないムロ鯵が しかも、なじみのない産地、和歌山から入荷してました。 また、仲卸・伊勢三にあった タグ付きの函館からのホッケ 表は 裏には 同じく、ホッケの脇には 春を運んできてくれるサクラマスの姿が。 そうでした、仲卸・八丁武には 銚子のマカジキの切り身が 脂が無いように見えますが、 これがね、くどくない脂の乗りで、実になんともの味なんです。

続きを読む

由々しき問題!

2021年01月23日
ただでさえ、 魚が少ないこの冬場の時期なのに コロナ禍で、結果魚価が低迷する事態となって 今や漁を間引くそんな傾向もあるようです。 ですから、緊急事態宣言が明けて 少しでも改善に向かわないと 益々、市場に魚がやってこなくなる。 少ない魚を、奪い合うようになれば、 魚価も高騰し、益々魚離れが助長される 何より、世界に冠たる「和食」のベースは 「出汁」と相まって、魚はメインファクター この負のスパイラルを断ち切らないと 日本食そのものの、維持、継続、発展がおぼつかなくなる。 まあ、すべてが杞憂に終わればいいのですが。 仲卸・伊勢三に大間からの「ふのり」 潮間帯上部で群落を形成、 日本を含む北太平洋…

続きを読む

静岡・舞阪

2021年01月22日
舞阪と言えば、 静岡のシラスの一大産地でございますが 高級魚のノドグロなどの出荷地でもございます。 今朝は、そこからヒメコダイ 大きさは指でつまんでこのサイズ。 駿河湾、若狭湾以南の砂地にいる魚で 捌く手間がありますが、天婦羅にしたら最高なんですよ。 仲卸・八丁徳の新設コーナーに 自家製の鯵の開きが、 店のスタッフさん、きっと関西出身なんじゃ、 関東は背開きですが、こちらは腹開き そして今朝も小柴の「ゴマイカ」こと 「シリアケイカ」が並んでいました。

続きを読む

久々入荷

2021年01月21日
なんとまあ、久しぶり、御無沙汰! セリバがあらかた片付いてしまった6:30過ぎ、 平塚から魚がやって来ました。 大・中・小規格の鯖ばっかり!でしたが 死後硬直をしていないことからも、 御覧の様に鮮度抜群! その他、今朝の目だった魚としては 島根・浜田からはアンコウ 福島からは スケソウ ユメカサゴ このところ絶好調の大船渡の鰯は 名店店主も、 仲卸・三栄で思わず手に取りたくなるほど。 全体的には、今朝も少ない入荷でしたが まあ、例年でも1年を通じても魚の少ない時期なんで。

続きを読む

困ったものです。

2021年01月19日
明日は休みの市場、ですが・・・・ 6:00を少し回った 仲卸売場のシーン 手厚い飲食店の助成で、 零細な店舗は、ほとんど休業、結果がこの状態。 一概に悪いとは申しませんが、 現実に即した、援助が必要なんじゃないでしょうか。 我々問屋筋は、売上が昨年比50%減を条件に いただけるお金は40万、とほほの世界です。 現場、現状をを把握し、 本当に困っている人にお金が、援助の手が届く そういう世の中になってほしいですね。 閑話休題 仲卸・八丁徳、伊豆七島からお越しの???? 店番のお嬢様に聞いたところ ノドグロキンメとのこと。 ですが、調べてみても出てきません! 連日入荷の大船渡の鰯、絶好調ですね! …

続きを読む

ページの先頭へ