魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

茅ケ崎のアカムツ

2020年05月22日
仲卸・ムラマツに 御覧の立派な1㎏アップの高級魚の姿がありました。 アカムツそうノドグロです。 水深100~200mに生息し、旬は冬から春 お店の小林君にこれどこから?と産地を聞いてみてびっくり 一瞬聞き間違いかと思いまして聞き直したほどです、 なんと湘南・茅ケ崎からお越しでした。 なんでも大磯寄りだとか、しかし茅ケ崎あたりでもこんなのが獲れるんですね。 ちなみに 茅ケ崎の釣船情報を検索したら、ありました、ありました。 ● ノドグロ五目釣りプラン・大人御一人8000円 ● 6:30出船の14:00あがり ● 餌はホタルイカ、魚の切り身(サンマ、サバ) しかし1㎏アップ一匹釣れれば、ほぼ元を取れ…

続きを読む

焼えび

2020年05月21日
塩干セリ場に、こんな商品が並んでました、 商品名は「焼えび」 大分からお越しで、原材料はキシエビ・アカエビ キシエビ 底曳き網で獲る小エビ、関東では見受けられない。 加工原料として干しエビやすり身として利用される。 アカエビ 旬は春〜夏 殻がやや固い、身には旨みが強くエビの風味も高い。 こちらも底曳き網で、キシエビ同様 もっぱら加工原料に回り関東では出回らない。 今朝見かけた海老 こっちは仲卸・金重にあった モロトゲアカエビ 通称シマエビ 産卵数が少ないのため、資源がすくない 北海道の西部でもっぱら獲れます、 プリっとした食感で、大変美味とされてます。 4:30~のセリ イカ類は好調で、島根、…

続きを読む

今朝も変わったところが

2020年05月19日
初の荷主さんでしょうかね! 新生マリンの名前が箱の横にありました、 箱の中を覗いてみると アカガレイでございました で、この産地を調べてみましたら北海道の西側に位置し 増毛町と苫小牧の中間ぐらいのところでしたね。 アカガレイについては先日の記事で書き込んであるので それを眺めてみてください。 また丸浜セリ場には宮城から入荷のこの魚 タケノコメバル タケノコのおいしい時期に出回るからその名がついたとか、 入荷はなんとも稀ですが味は実に平凡(笑) 透明感のある白身で、おそらく煮付けが最適でしょうかね。 こちらも丸浜、同じく宮城から 上がホッケ、下がアイナメの似たもの同志が入荷してました。 写真から…

続きを読む

久々が満載!

2020年05月18日
丸魚セリ場に 長さ70~80㎝位のサヨリ似の魚が愛知から来てました。 しかし、その口元、歯並びを眺めると いやいや、狂暴そのものでしたね。 この魚の名前はダツ 小骨が多く敬遠されることが多いのですが、身質そのものは上質! 体の前方の方は骨が多いそうで、 後方の少ない部分を刺身にすると大変美味だとか。 身質、見た目はサヨリって感じでしょうか、 旬は冬から初夏にかけて。 市場にはめったに現れません、一度は食べてみたい魚ではありますよね。 そして久々の島根・大田からも 今朝は入荷がございました。 また5:00過ぎには 丸浜、丸魚とも鎌倉からお約束のアオリイカ の追っ駈け等が入りましたが 新鮮そのもの…

続きを読む

ページの先頭へ