トップページ

横浜市中央卸売市場魚食普及推進協議会、横浜市教育委員会、よこはま学校食育財団が連携し、2月の基準献立にて「未利用魚(みりようぎょ)」のさばを活用した給食を実施します。これに合わせて、協議会では、「未利用魚」をとおして水産業の現状などの理解を深めてもらうための動画「おしえて未利用魚~もったいないを考えよう」を制作しました。
「未利用魚」とは、サイズが小さい/不ぞろいなどの理由から一般に流通せず、主に養殖魚のえさや肥料、サプリメントの原料等として使用される魚です。

協議会ではこれまで、「未利用魚」の独自献立での活用や出前授業等を通じて、子どもたちに魚食や水産資源、漁業等に対する理解を深めてもらう取組を行ってきています。

「おしえて未利用魚~もったいないを考えよう」をご覧ください。

おしえて未利用魚の動画

ページの先頭へ