魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

さすが豊洲

2019年11月13日
奈良県の市場再整備の方達と 9:00に豊洲の正門北で待ち合わせ まだ豊洲を訪れたことがない方がいらっしゃったので 何故か場内を案内(笑) 荷受けのせり場から、魚腸骨、発泡の処理場 そして共同配送の様子を眺めたあとは、仲卸・山治社長としばし、 そして仲卸の店、通路を歩き 最後は仲卸棟から続く、冷蔵庫を見学 お次は横浜に舞い戻り 13:30から、仲卸組合の応接室で 当市場メンバーと充実の意見交換会 奈良は、知事が素晴らしい市場の再整備を 公約に掲げているので 今の段階の青写真でも実に斬新 なにより、行政の方たちの熱意が 他市場の方々とは明らかに違いました。 今から、理想の市場が出来る様が目に浮かび…

続きを読む

魚供養

2019年11月11日
毎年11月11日は 横浜中央市場水産部の恒例の催し 鮭塚供養 なぜこの日かといえば「鮭」の字は 魚へんに、土ふたつ、土を分解をしてみると・・・・ 朝の雨があがって うっすら日差しもさす、なんとも陽気のなか 関係者一同で 鮭に象徴をされる魚の供養をしてまいりました。 明日から少しはいいことあるかな?

続きを読む

危機的状況

2019年11月11日
雨がそぼ降る休み明け 平塚復活の朗報が届きましたが 6:00少し前の仲卸通路は 御覧の有様 先週の金曜日に愛知からの客人を迎えましたが この惨状には、ほんとに、びっくりした様子でした。 ことに10月からの増税を受けてからというもの この状態がずっと続いております。 立て直しの抜本的な戦略を描かないことには かなりの危機的な状況に立ち至っていることに どうやら間違いのないところであります。

続きを読む

なんとも嬉しいニュース

2019年11月11日
15号で被災し、其処に19号が更に追い打ちをかけた 平塚漁港の日海丸、川長三晃丸 約2ヶ月に及ぶ休漁期間を経て 少ないながらも、本日やっと 日海丸が魚を持って来てくれました。 流石に疲れが残っている顔つき しかしながら、 川長日晃丸の再起は、まだまだ先のようす。 なにせ、横浜市場の最大の特徴「追っ駈け」 それを象徴するおふたかたなのですので、 早期の完全復活を心から願うばかりです。

続きを読む

お前もか!

2019年11月06日
やっとこさ、今頃になってのさんま漁ですが 鮭も同様に不調でありまして 1万匹に1匹とされるこの魚 今年はもっとその確率が低いようで 仲卸・伊勢三で見かけて 担当にお値段聞いたら、そりゃもう、ぶったまげましたです。

続きを読む

超遅ればせながら

2019年11月05日
連休明けの塩干のセリ場には 根室からの木箱に入った 塩さんま やっとこの時期になって、 まとまった漁のニュースが飛び込むくらい、 遅れに遅れた今年の漁でございます。 今後の気象変動、温暖化で 来年も様々なことが起きてくるでしょうね、目を離せない状況が続きます。 さて、この形態の塩さんま、かつて京都の市場を訪ねた際に たくさんお見受けをいたしました、おそらくこの原料で押し寿司を作りか。 そして朗報です 2発連続の台風で大被害があった平塚組(日海、川長) まもなく漁が再開となるようであります。

続きを読む

今日は第1土曜日

2019年11月02日
今日は第1土曜日、 本来なら市場開放日で9:00~イベント盛りだくさんですが あいにく今日は連休前で 開放はしているもののイベントはなし。 開放日モードで店先を飾る店も ちらほらあるものの たいがいは通常通りの対応 開放イベントで市民認知度をあげているせいか 8:00過ぎの今は、すこしばかり通路に賑わいも出てきました。 今月は第3土曜日も市場開放はなく かわりに翌日の11月17日は 8:00から横浜市場まつり

続きを読む

料理教室

2019年11月01日
11月30日(土)10:00から 横浜中央卸売市場の調理室に 有名なこの方をお呼びして 初めてのおせち料理教室 開講であります。

続きを読む

今日から月替わり。

2019年11月01日
月が替わり今年も、もうはや、あと2ヵ月となりました。 10月は台風15、19号の来襲で 魚の入荷が少ないは、 町の店舗営業もままならないは、で散々でありましたね。 温暖化による頻繁な台風来襲、あるいは魚の居場所が変わるなど 今後も続きそうで、それを考えると何ともですね。 さて今朝の丸浜セリ場には 三宅島からのアコウ 八丈からのアオダイ アカハタ 神津島からの金目 ノドグロ・ホンカサゴ のあでやかな連中が入荷をしていました。 丸魚セリバには 鹿児島からクロムツ・オナガ 近くは江の島から カンパチの小さいの(ショッコ)が 仲卸店舗では 伊勢三に日本海で獲れたマヨイガツオ 仲卸・元清では 近場の小柴…

続きを読む

北海道からのあれこれ

2019年10月31日
横浜丸魚のセリ場に 木箱に入った北海道からのこの魚を発見! 周辺の箱と比べてみても、 いやいやかなりでかいのが一目瞭然! 仲卸店舗に並んでいたこの魚(写真下) マツカワカレイ その特徴でもある、 ヒレ部分の黒い縞はありませんでしたが 木箱の奴も同種、 カレイの中では王様と呼ばれている代物です。 マグロのセリ場には 今日も函館は戸井から 151.9kgが入荷 なんとも旨そうな身質でした、 はて、いくらでセリ落とされたのか? そうそう、そうでした北海道のさんま君たち、 ようやく2ヵ月遅れで南下をしてきたようです。 遅きに失した感はありますが やっとお値段も庶民的になって参りました。 これじゃさんま…

続きを読む

ページの先頭へ