魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

仕入れ誘致

2018年12月13日
こんなチラシを 来年は市内各所 たとえば、商店街、ショッピングモール、関係する緒団体などに 配布予定をしています。 実はこの企画、市場の横浜市の職員が考え そして実行に移してくれたもので いやいや、当市場もずんぶんと変わってきたものであります。 さて、それと関連をしまして たまさか今日は、飲食店様の市場ツアーの第4回目 来てくださった方々は、 仲卸各店の説明を聞いていると、 ついつい並べてあるのを魚を仕入れたくなるそうです。

続きを読む

ムンバイにて魚食推進を語る

2018年12月11日
横浜市とインドのムンバイは実は姉妹都市! そして12月7日、今回初めて ムンバイにて横浜フェスティバルが開催をされました。 会場はなんとムンバイでも最高級のホテルでしたよ。 ムンバイ市長、ムンバイ総領事等も列席 同じ壇上でちゃっかり横浜市場のプロモーションを させて頂きました。 魚の生食文化のないインドで 魚の鮮度に着目してもらい、魚の高度利用について語りました。 反応やいかに?と心配でしたが 興味のある方が多いのにこちらがびっくりするほどでしたね、 だから日本の流通形態も相当に参考になるはず!の思いを強くいたしました。 まずは、簡単な水産業の流通形態と市場の仕組み、 横浜市場の案内などを英語…

続きを読む

横浜中央市場の矜持

2018年12月04日
横浜中央市場の仲卸には こんなコーナーを作る店もある。 仲卸 伊勢三 担当者は久保田君のコーナーです。 とにかく ここに集った魚達はどれも入荷のなかではNO1の質 今日も、天然のフグ 静岡・舞阪の赤アマダイ 鹿児島からの白アマダイ 本牧のタチウオ オナガとマヨイガツオ 鱈とフグのシラコなどなどがずらり並びました。 もしも、これらの魚達が、 しょっちゅう、そう日常何気なく食べられる環境(値段・最適な調理、料理)にあれば 魚離れも進まないだろうし、 魚嫌いもほとんどいなくなるだろうことは、胸を張って約束できます。 まあ、横浜市場の矜持ってコーナーですね。

続きを読む

市長も応援

2018年12月03日
12月の広報・よこはま です。 仲卸・菊平の社員が市場開放でマグロを卸している その画像の下に なんとまあ、林市長のありがたい話が載っていました。 市場の運度の良き理解者にして、 かつ、応援をしてくださっている風が読み取れ まずはなんとも嬉しいことであります。  

続きを読む

3年間で初の2品

2018年12月03日
ほぼ毎日の市場魚写真を撮り始めて はや3年になりましたが まだ初めて横浜に登場する魚がいるからなんとも奥が深いですね。 横浜丸魚のセリ場に父島から 箱の横にはサクラダイの文字 しかし、調べてみてもそんな魚はいない! で、あとでゆっくりと思い、仲卸売場を歩いていると その魚が仲卸・伊勢三に並んでいて 担当者の宮島君が時間をかけてやっと調べてくれました、 本名はハナフエダイでした。 <検索> 40cm前後になる。 ヒメダイ類では体高があり、ややタイ型で赤字にコバルトブルーの鮮やかな斑文が印象的。 東京都、沖縄県に多い魚で、いずれでもやや高値。 食用魚としては沖縄で知名度が高い。 旬は春〜夏 年間を…

続きを読む

ふぐ皮つくり

2018年12月01日
仲卸売場では今日もこのシーンに出くわしました。 仲卸・三栄 近づいてみると まだまだ暖かいですが旬のふぐ刺し、ふぐ鍋用の 皮の製作にあたっていました。 この部分が口にあたらないように 実に丁寧に取り除きます、 見ていると簡単そうですが、 1枚皮にしながらそぎ落とす! きっとかなりの錬度を要求されるものなんでしょうね。

続きを読む

市場開放日に思う

2018年12月01日
今日は9:00~11:00まで恒例の市場開放です、 予定をしていた9:30~の魚袋詰め放題は、 残念ながらこのところの不漁が今日も続き 致し方なく中止になりました。 今朝、仲卸売場を巡回をしていると 明らかに開放日用の陳列をしている仲卸もちらほら 人が来てくださるは やりがいも起きるし、元気にもなり 確かに嬉しいし、喜ばしいことですが、 全国で2番目の人口を抱える大都市・横浜 そこにどんと存在をする横浜中央卸売市場としては 今日の市場開放日のように 多くのプロ達がこぞって買出しにくるシーンを 何時の日にか現出をしたいですね。 さて今日は9:00~ここで おでんの配布です。

続きを読む

飲食店の方々の市場ツアー

2018年11月30日
元横浜ビールの社長が音頭をとってくれて 今日で第三回目になる飲食店関係者市場ツアーを敢行しました。 6:00にお約束のマグロ低温セリ場前に集合し、 セリ場を 紀州からの太刀魚、その安さにびっくりの一同 同じく、敦賀からのヤガラにも同反応 仲卸売場を巡りました 馬車道の「ほおづき」さんは 仲卸・八丁伸さとすでに取引があり、 店内では女性の板さんが熱心に魚を見入ってました。 また、ワインが売りの日の出町のKanakoyaのオーナーさんは 仲卸・伊勢三の久保田君のところで買い物 さっそくメニュー作りに勤しむようです。 そうそう、ほおづきさんも、メジナをゲットしてお試しです。 こうやって何回かの試行を…

続きを読む

今週末は

2018年11月29日
今週末は月変わり、 そしてなんともう12月ですね、 またその日は第1土曜日にあたりますので市場開放日! 9:00~の魚河岸汁は「つみれ汁」 漁次第ですが 9:30~は魚の詰放題も予定をしていますし マグロの解体、魚捌き方教室も開催をされます。 またセリ場での野菜・果物販売も実施しますので 市場祭りに来られなかったかた、あるいは買いそびれたかた お待ちしておりますです、ハイ。  

続きを読む

久々の入荷

2018年11月29日
シラスの秋漁 その不漁が伝えられておりますが このところやっと好転をしてきたようです。 その証左ではないでしょうけど 今朝、愛知からシラスの親魚である シコイワシ(カタクチイワシ)が 久しぶりに入荷をして来ました。 シコは、こうして三枚におろし 塩をしてから水分をペーパータオルで抜き取り レッドぺッパー・バジルとともにオリーブオイルに漬け込むと 最短3日くらいで、なんとも美味しい生のアンチョビが出来上がります、 とても簡単でしかも安上がりですので是非ともおためしを。

続きを読む

ページの先頭へ