魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

悪天候と自粛とで

2020年03月30日
全国的な昨日の悪天候で 魚が少ない週開けでした。 4:30~のセリも、近隣の本牧、小柴が無くて 寂しかったですね。 が、横須賀・佐島からはスミイカが マグロのセリ場はハワイ・NZ・韓国・紀州 仲卸売り場の方も、週末の自粛で 御覧のあり様。

続きを読む

自粛当日の朝

2020年03月28日
今朝はどうなることやらと思いましたが まあ通常とあまり変わらんセリ場のシーンでございました。 逆に生マグロの入荷は多かったくらい NZからのインドマグロも 銚子のマカジキも1匹 今週からセリ人には徹底されています。 仲卸売り場は仕方のない事ですが御覧の様子 そんななか 仲卸・伊勢三には活きたボタンエビの姿が 水銀、PCB、オイルショック、リーマンと いろんなことがこれまでにありましたが おそらく市場にとっては今回が最大の危機、試練の時かと。

続きを読む

今朝も大量入荷

2020年03月27日
今朝も 本牧 小柴から まあ、それはそれは、 たくさんの太刀魚がやってきました。 2日続けての、この大量入荷だとやはり買い手が続かず・・・・・ 流石に明日は手控えるでしょう。 そうでした、丸浜セリ場に鹿児島からの キグチ <生息域> 東シナ海。黄海、渤海の水深120メートルより浅い砂泥地、 特に韓国料理で珍重をされる魚 白身でニベ類ではしまっていて、非常に脂が強く旨みが多い。 塩焼き、ゴマ油で焼いたものは絶品と言われている。 伊達巻の原料にも使われていますよね、旬は不明でございます。

続きを読む

対岸の火事

2020年03月26日
東京があんな状況に陥ったせいか 豊洲に魚が行かなくなったのかしら? 今朝のセリ場、 とりわけ丸魚のセリ場の小柴からは 太刀魚の山 まれにみる活況でございました。 こんな大きなカマスも入荷してましたね、 そして本牧からの太刀魚も御覧のあり様でしたよ、 まあ、これが続くと、横浜も売れてませんから 支えきれないと思いますけど。 あっそうでした 昨日の14:00、くだんの船が消毒を終えて 大黒ふ頭を離岸し、 横浜市中区の三菱重工業横浜製作所に5月迄停泊、 船体修理、備品の入れ変えなど行って 神戸港を5月16日に出発する日本発着クルーズから再起とのことです。  

続きを読む

明日はお休みさせていただきます。

2020年03月24日
仲卸・北丑店頭に、見かけぬ貝発見 店の主に名前を聞きますと サツマアカガイとの答えが返ってきました。 でさっそく調べてみると。 サツマアカガイは房総半島から南の浅い砂地に棲息しています。 身が綺麗な真紅色をしておりアカガイという名前がついていますが、 よく口にする赤貝とは全く違う種類でアサリやハマグリと同じ仲間です。 身が赤い為に薩摩地方で赤貝と呼ばれていたことが名前の由来とのことです。 が、細かい記載がありませんでした。 また仲卸・丸勇店頭に 干し柿を思わせる海鞘を発見! これもたまさか店にいた主に聞いてみたら これこそ天然物なんですって。 天然物はエグみや臭みがほとんどないのにもかかわらず…

続きを読む

曇天の休み明け

2020年03月23日
休み明けを曇天で迎えました。 4:30~の丸魚セリ場、 小柴からのドラゴン太刀魚が競り落とされていきました。 またセリ場の一角には御覧の小柴産のアカモクの姿 500g入り、冷凍品もあるそうですよ。 この魚なら富山ですが 今朝の丸浜セリ場には兵庫から 総体では、魚が少ない感は否めません コロナの問題で消費もしばらくは期待できません けれども、粛々とやっていくほかなし! 今週は25日の水曜日は 市場はお休みとなっております。

続きを読む

粛々と

2020年03月21日
4:30~のいつものセリシーンです。 丸魚のセリ人、五十子(いのこ)氏の 独特な節回しが今日は聞けません、 おや、どうしたんだろう体調でも悪いのかしら そう思いをめぐらしていたら、 ハタと木曜日の理事会でのことを思い出しました。 めったに見にも来ない、ゆえに現場をまったく知らない当局からは セリを廃止して相対取引にとか セリ人はマスクをしての指示が出てるみたいで、 現場側の臨機応変策として、 まずは大声張り上げないで、静かに粛々とってことになったようです。 まあそのせいか、連休中日の今日のセリ場 なんか活気がまるでありませんでしたね。

続きを読む

趣向を変えて!

2020年03月19日
魚が少ない! そんな今日この頃ですので 今朝は趣向を変えて望遠で人物撮りを試みました。 市場で働く人の姿は 世間では特別なようで、またそのシーンを撮りたい!って 思う、願う、アマ、プロのカメラマンは数多くいると思います。 マルハマ(横浜魚類)活場の本多君 仲卸・北丑店頭で 鋭い目つきで品定めをする、 予約ができない寿司屋「広典」店主 本牧の魚屋、本秀さん コロナで休校のお孫さん?かな に仲卸売り場をひっぱりまわされているシーン いつも、いつくしむようにマグロを卸すシーン 仲卸・伊勢貞 めちゃかっこいいバイクに乗ってる 仲卸・菊平スタッフ あっそうでした 今日は目が点になってるキンメのシーンも …

続きを読む

アート&不変

2020年03月18日
今日は、今週金曜日が祭日ってこともあって 水曜日だけど横浜市場はオープン まあその結果は推して知るべしだったけれども が、そんな状況でも現場には新しい発見がある 今朝は仲卸・港屋に長崎からのアナナカサゴ???? なんとうっかりカサゴの地方名で 隣に並んでいた表記がアオナカサゴ 実はアオハタ(キハタ)の同じく地方名 そしてこの一番右の魚 これが、本家、本物のタケノコメバル また今朝も写真を撮ってしみじみ そうキンキの胸鰭の大きさ そして蓮子鯛のあでやかさ しみじみ魚たちはアートでございます。 それからいくら暇でも こうして毎日、捌きに励んでいる市場人の姿は不変  

続きを読む

旬の魚たち

2020年03月17日
紀州から 左の箱に小さいのが 右の箱にはすこし大きいのが 入って入荷のイトヒキアジ 成長をするとなんと1m近くにもなるそうです。 多分出荷をされないドチビのほうは 背鰭と尾鰭が長くて、そこからこの魚の名前が付けられ手います、 そしてチビはこんな四角い体形 ◇ をしてます。 それが成長するに従い、双方の鰭は短く、体形も長く 味のほうも美味となり、様々な料理で活躍できる魚になります。 しかしこの魚も、まだ食べたことがないなぁ~、 ちなみに成魚の旬は春から初夏にかけて。 また今朝は久々の姿を見ました 「ニベ」三重県から7箱ばかり丸魚セリ場に しかもかなりの良型でした。 似た魚のシログチが内湾に多いの…

続きを読む

ページの先頭へ