魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

市場開放日

2020年01月18日
市場開放日の今日 魚河岸処では カニ汁 を一杯100円で また横浜丸魚のオリジナル がひとつ300円で販売をされておりました。 仲卸売場においては こんな企画を練るところも また、出汁になる鯛の頭などのオンパレードで 店頭を飾る店も まあそれぞれに工夫を凝らし、この日ばかりは少し元気になる 横浜中央市場ではあります。 魚の詰め放題は4月から開始いたします。

続きを読む

しらすのメニュー

2020年01月17日
愛媛、佐田岬から しらすの生産者さんがいらっしゃいました。 用向きは社員食堂から始まった飲食部、その拡大充実のため しらすのメニューのお勉強をしに。 まずは、市場を一巡し、情報をかき集め しかる後に、茅ヶ崎、江ノ島、(時間があれば佐島もでしたが) 市場では、大黒屋さんの『釜揚げしらす丼』 茅ヶ崎、魚卓さんでは『湘南活しらすの浜漬け』 そして江ノ島では、まあ沢山のあれこれを 見学していただきました。

続きを読む

茅ヶ崎・魚卓

2020年01月17日
マグロなど 店に並ぶ一部は横浜市場から魚が行っております 茅ヶ崎は魚卓さんにおじゃまをしました。 スーパー形態ですが、町の魚屋さんです ですが、売場は整然、清潔、新鮮が香りたっていて 一般的な魚屋さんとは一線を画していましたね。 相模湾、地物をこよなく愛し、 まずは獲れたてのぷりぷり感で差別化をはかる戦略をとっています。 そしてこれが名物、オリジナルの一品 茅ヶ崎しらすの沖漬け 「湘南活しらすの浜漬け」 御飯との相性を考え、すこし濃い目の味付けになっていました。

続きを読む

水曜開市

2020年01月15日
年末商戦は厳しいことが予想されたが 蓋を明ければ 意外にも好成績に終わったところが多かったようですね。 まあその分、毎年そうだが年が明けたら低空飛行が続いています、 今日はそんな状況下での水曜の開市日 昨年の後半からの傾向ですが 仲卸店舗の届出で休む店は多いは そしてこれまた水曜日すっかり定着してしまった 来場者もめちゃ少なしで、ほとんど開店休業状況でしたね。 ともかく業界を揚げ、一丸となって営業強化をし あらたなる客、客層を増やさないと、 全国で2番目の人口を抱える横浜市としては沽券にかかわると思うのですけど。 さて今朝の魚達です。 珍しいところで五島列島からは カゴカキダイ ユメカサゴのチ…

続きを読む

新物・初物

2020年01月14日
連休明け、小柴・本牧からは大量の太刀魚が入荷 また仲卸売場においては 新物・三浦のわかめ 初物では 宍道湖のしらうお 有明海のウニ 八代の青のり なにやら春めいて来ていますが、 まだまだ、寒い日が続きます。  

続きを読む

中華学校での寿司教室

2020年01月12日
山手の中華学校での 都合4回の料理講座のラストは甲斐先生による「寿司教室」、 流石に一番人気の講座となりまして お手伝いの中学生も加わり 調理室はほぼ満杯状態でした。 まずは酢飯の作り方から 子供達はもう興味深々 そして、マグロと鮭の柵から握りように卸します さあ、これを見て子供達も親も 中学生も真剣そのもので卸していきます。 お次は肝心の握りかた 子供達も先生のを見よう見真似で、 仲卸・村松社長が用意をしてくれた寿司ネタも混ぜて 次々にオリジナルが出来上がっていきました。 馬先生も挑みましたよ そして用意されたかに汁と一緒に楽しい実食 お母さん達もご機嫌そのものです 今日も手伝ってくれた、 …

続きを読む

連休前の土曜日です!

2020年01月11日
マグロのセリ場に 塩釜からのマカジキの姿 目方は60.8kg セリ前のチェックは 仲卸のせり人が触って、押して 当然のごとくここで身質も見極めて。 また今朝のセリ場には 福島からには珍しいスズキの山と グチの山 なんとも珍しいシーンでありました。 また、平塚は来ませんでしたが 冨岡、小柴は今日も元気に しかし、連休前のわりには静かな土曜日

続きを読む

退場になります!

2020年01月10日
新年早々、セリ場内ではこんな形で 実施中であります。 帽子を被らないと取引が出来ません なにより退場処分となります。 せリ場見学希望者も事前申請を宜しくです。 さてそんな今朝のセリ場には このところ見かけないやつが 愛媛からの柑橘・鯖 宮城からは、大きめのヤリイカ 同じくスクモガニ また仲卸・八寅、店頭には どんと33kgのアブラボウズの姿 仲卸・伊勢三に ハシキンメ

続きを読む

okinawa

2020年01月08日
泊の魚市場を初めて訪ねてみた! 時間は7:00頃 水揚げの仕分けはもう済んでいたのか、魚は少ない、 横浜でも見かけるオナガなどいましたが 横浜ではあまり見かけない御覧のブダイの姿が目につきました。 そして扁平でどこかマンボウに似た魚 エチオピア 下はカジキと メバチマグロ まあ、ずいぶんと型が小さかったです。 セリ場の後ろは、捌きの施設がありまして 鮪を卸しているシーンが多くみられましたよ。 で、お次の棟は観光市場的な場所になっていまして その時間だと沖縄名を記された魚が かなりいいお値段で並び始めているところでした。 処理代のしっかりととってますね。 7:00台だと、すこし訪問が早かったよう…

続きを読む

佐島近況

2020年01月08日
ひとくくりに佐島とよばれる港はいくつかありますが 代表的な港はここ大楠になります。 たまさか午後の2時くらいにお邪魔をしたら セリ場にたった今しがた獲れた魚がありました。 しかしながら漁港の皆さんと話をしてたら 年々水揚げが減ってきていて去年は最悪だったとのこと また台風の被害も、目に留まりました。 今年はぜひとも、すこしは復活することを 願ってやみません。

続きを読む

ページの先頭へ