魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

二日続けての強風、荒天

2021年03月04日
休み明けでしたが 火曜日、水曜日と二日続いた強風の為 4:30~のセリ物品は全滅でございました。 しかしながら、けなげにも平塚から5:00頃 鯖と鯵が少々入荷! 鮮魚とは裏腹に 鮪のセリ場には久しぶりに脂が乗ってる塩釜・東物がずらりと。 さて、今日の変わり種はこれっ! 福島からのぶよっとした奴 箱の横にはホンダ?の文字 調べてみたら、サメガレイでありました。 ホンダは地方名、 でも北海道からのは明らかにザラザラの肌を持つ奴ですがね。 それと、粘液をばっちり身にまとった ババガレイ(通名はナメタガレイ)も福島から。 また、八戸からは、甲羅の上部の形状からH蟹と呼ばれる ヒラツマガニの姿が。 明日…

続きを読む

横浜中央市場展in 横浜中央図書館

2021年03月03日
野毛山動物園のいわば入口にある横浜中央図書館 只今その1階部分で、 3月14日迄 横浜中央市場展なるものを開催中です。 開設当初、昭和6年、1931年当時の様子 昭和36年、1961年当時のも展示してあります。 まあこの頃は 発砲スチロールなども存在してません、 一見雑然としていますが すくなともの今問題になっているプラごみは皆無の時代。 そうそう、そして市場の休みも 2日、12日、22日と月に3日だけだったかと記憶しています。 当然無料ですので、お時間のある方は是非どうぞ!    

続きを読む

もったいない!

2021年03月02日
ガイヤの夜明けに 横浜丸魚の2名が登場致しました。 御覧ください。

続きを読む

旬の変遷

2021年03月02日
仲卸・三栄 横須賀東部と書いてある箱の中には この御立派なサヨリの姿が、 しかも特大サイズのカンヌキと呼ばれるものでした。 この地区と千葉の竹岡あたりで かつて冬にこの漁が盛んだったころは、 旬は冬と言えたそうですが この時期、茨城や宮城が盛んになっている様子でして、 こうなってくると、この魚の旬は春、そして秋に変遷でしょう! とは、仲卸・北丑社長の弁。 温暖化を筆頭に、 様々な周辺事情で魚の旬も変わりゆくって一つに事例。

続きを読む

お初&久々

2021年03月01日
仲卸・ムラマツに 北海道からの不気味な奴が来てました。 3.6㎏と4.1㎏の2匹が遠路はるばる! 名前、箱にはギンポの表示、正式名はボウズギンポ <検索> 北海道などで底曳き網、延縄などで少ないながらとれるものらしい まずまあ一般的には流通することはないですね。 何せ6年半のこの記事の中で、うっすらと記憶がある位で 多分6年半で今回が2度目か、初かという世界。 鱗は細かくて皮が非常に厚い、 身質は白身でマシュマロのように軟らかくクセがなく、 熱を通すとふんわりと膨らみ、煮つけてもにこごらない。 この魚のムラマツ担当者によれば、 脂が多い魚でうまく焼くにはフライパンの方がいいとのことでした。 さ…

続きを読む

土曜日ながらも

2021年02月27日
本日は土曜日、 少ないかな?と思った4:30~のセリでしたが 宮崎のカワハギ 福島のヤナギガレイ 金沢区・冨岡の魚達 小柴のタチウオ 千葉のスミイカ とまあまあ、 生マグロの方も、良質の勝浦や、舞鶴の定置網に入った本鮪が 月曜日は4:30~ 神奈川県の水産課の面々がいらっしゃいます。 あっそうでした、三重から

続きを読む

大人のデズニーシー

2021年02月26日
お客様相談室、今週はフルマークの絶好調です、 今朝も6:00~と8:00~の二組の来場者たち。 そして今回は案内しがいのあった なんとも嬉しい言葉を頂きました。 いわく 今朝案内していただいた市場はさしずめ、 大人のデズニーシー 自宅近辺で買う魚がおいしくないので 普段は肉食中心、 魚は日本海に出かけたときにめいっぱい食べる生活スタイル、 案内していただいたお陰で、新しい世界が開けました。 こんな嬉しい言葉を頂きまして、 連日の疲れが少しばかり飛んで軽くなったような気が致しました。 おまけは、すこし嬉しいニュース 今朝の朝日新聞より    

続きを読む

春本番近し!

2021年02月25日
今朝は「メジ(ホンマグロの幼魚)」多し! この山は銚子からで2本入りの8㎏台 こちらブルーの箱は富山・10㎏台 同じ産地のものでしたが、 仲卸・ムラマツに居たのは20.8㎏ この位の大きさになれば、脂ものって結構なお味かと まあ値段の方もそれなりですがね。 そうそう、宮崎からのキハダの幼魚!キメジの山もありました。 キハダの食文化は関西圏が圧倒的で 特に名古屋の消費には目を見張るものがあります。 さてと富山と言えば、これまた春の風物詩ホタルイカ、 生のもあれば ボイルしてある奴の姿も発見! 生食は内蔵にアニサキスがいる可能性があるので 基本、熱を加えた調理が無難であります。

続きを読む

久しぶりと初めてと

2021年02月24日
休み明けのセリ場に 父島からのアカイカ、本名ソデイカが かなりの量の入荷をしてました。 御覧のような身の厚さです。 このイカをおいしく食べる胆は、一度冷凍すること いったんこの処理をすると身が柔らかくなる特性があります。 さてさて、今朝はこのブログでお初!発見。 仲卸・森滝にあったこの魚(一番手前) 体つきはカジカに似ていましたが、 愛知から来ていたミドリフサアンコウという魚。 底曳きに入った模様で 現地では味のいい魚とされているらしいですが まあ、このブログでも初登場な位ですから 世間にはまったく知られてない状態。 愛知や三重などでは干物などにもされてそう、 鍋、煮る、揚げる、焼く、なんでも…

続きを読む

市場視察が続く!

2021年02月22日
このところ市場視察の方が多い! 今朝も4:00~御一行を案内 4:30~のセリ 5:50の鮪のセリ ほとんど同じ時間帯の平塚の追っ駈けのセリ そしてその後は仲卸売場も周り メキキ達と楽しくも有意義な語らい ともかく、コンパクトな市場だからこそ、 程よい時間で(ちなみに今日はたっぷりの4:00~8:40) 市場の仕組み、仕事ぶりが見て取れる 我が職場は市場流通を理解してもらう上では格好の場所かと存じます。

続きを読む

ページの先頭へ