魚市場ブログ

産地紹介

連休前でしたが・・・

2020年08月08日
連休前でしたが 魚が少ないセリ場でありました。 マグロのセリ場では 津軽海峡の対面対決シーンが 見られました、 何日か前も同じシーンがありましたが 身質はだいぶ良くなった感がありましたね。 これから秋・冬と、 どんどん魚に脂が乗ってきます。 仲卸・北丑の店頭 卵を持ったボタンエビを取り上げてパシャリ 卵は御覧の緑色 エビやザリガニなどの節足動物 や タコやイカやカタツムリなどの軟体動物の血は薄い青色なんです。 これはヘモグロビンではなく ヘモシアニンという物質が酸素を運 ぶためです。 このヘモシアニンには 鉄の代わりに銅がたくさん含まれているため 血液は 銅がさびた色、古い銅像のような緑から青…

続きを読む

判明!

2020年08月07日
昨日の北海道からの魚ですが やっと判明を致しました! イヌゴチ 生息水域 富山以北の日本海、北海道沿岸、オホーツク海、ベーリング海。 生息深度 水深150〜250メートルの砂泥地 刺し網などであがる雑魚とされているようで 外見の悪さと、捌くのが大変なことから人気が出ていないそうだが 見てくれがハッカク(トクビレ)に似ていて味も同様のようです。 ちなみに、断面が六角形でロッカクとも呼ばれている。 旬は冬のようだが不明。 今年は仲卸・伊勢三でハッカクの一夜干しを売っていて なんとそれが絶妙だったので、この魚も皮をそいで干したら、 さぞや旨い事だろうと思ったりしたしましたです。 また昨日、お客様相談…

続きを読む

マグロの養殖地

2020年08月06日
マグロのセリ場に 産地の世界地図 赤のマークが養殖物の産地です 横浜に来ている養殖物は ほとんどがメキシコ産でございます。 今朝も並んだオーストラリア・ニュージ―ランドからのインドマグロ はすべて天然物。 また今朝のセリ場の一角に 日本の養殖3大産地から本鮪が 長崎 高知 愛媛 9月~12月にかけて、特に味がよくなる 塩釜東物(しおがまひがしもの)(メバチマグロ)も一足早く さてさて休み明け 4:30~のセリは小柴とお約束のイカ・新子 ややして 富岡・鎌倉から追っ駈け とどめは平塚の鯵 鯖 脂の乗りはイマイチなれど、かなり評判がいい! 〆鯖には最高だとか。 おっと、もうひとつ 北海道から「釧路…

続きを読む

休み前のセリ場風景

2020年08月04日
丸魚のセリ場、 八戸からの箱の蓋を開けると 現れたのはこの魚。 大きさは50cm強といったところですが 最大2mにもあるイシナギ君でした。 非常に上質の白身で鮮度がよければ刺身も最高! また胆には大量のビタミンAが含まれるが、 食べるとビタミンAの過剰摂取で中毒になることがあるので要注意。 値段的にはリーズナブルで、大きいほどおいしいとされます。 今朝の4:30~のセリは 御覧の小柴の太刀魚、マコガレイ、カマス 大分の新子 島根 長崎のイカ 金沢区・富岡の魚達 マグロのセリ場には 大間と 松前から そして5:30頃には平塚から追っ駈け! 鯵 鯖がメインで入荷! そうそう平塚の前には 丸浜のセリ…

続きを読む

市場食堂のポスター追加

2020年08月03日
今朝6:00~ 新市庁舎の 『YOKOHAMA 市場食堂』に張り出す 写真の撮影に及びました。 さてどっちがいいだろうか ちなみに、この写真と並べる、もう1枚分です。 さて休み明けのセリ場は 小柴・富岡と指定をされたセリ物品(イカ・新子) そして平塚からの追っ駈けと ぼちぼちの賑わいがございました。 また今日は年に2度の市場内巡回を 荷受け・仲卸・衛生検査所・行政(横浜市)とで 6:00~小1時間ほど。 仲卸売場では 北丑に舞阪からのプレミアム 伊勢三に長崎からの御覧のアカイサキ 共にめったに見ることの出来ない 超巨大でございました。

続きを読む

小柴、本牧久しぶり!

2020年08月01日
4:30~のセリは小柴・本牧から久々 タチウオ 鯵サイズ各種 それと、お約束の新子、イカで賑わい 5:30~は富岡 メイタガレイ 大振りのキス サルエビ 小エビの類が全国的に少なくなっているが、 この子は健在で、古くは釣り餌にもなっていた、寿命は1年。 御存じアナゴ 鎌倉からもサザエ そのあと、平塚が続きました。 またセリ場では大阪湾からの 鯵 脂ばっちりの鰯の山が目立ち マグロのセリ場では 本州と北海道の海峡対面から まだイマイチが    

続きを読む

しらす干し

2020年07月30日
塩干セリ場に 静岡県産の「しらす」が並んでいました。 いわゆる消費者受けする色・サイズ、 でも手に取ってみると乾燥が実に甘い。 でも、これが最近の傾向なんですね、 以前だと、もっと乾燥しているものが主流でしたが。 まあ、どのみち使う際に 湯通しする人が一般的なんだろうと思うのでかまわないのですが 難は日持ちがしないこと。 なぜこういう傾向になったか? どうやら価格の問題みたいですね、 乾燥させるには手間もかかるし、目方も目減りする だから、お手頃価格を維持しようとすると、 どうしても、そこでひと手間省く。 値段が上がっても干すことで旨味が増す 本来の製法を押し通すか、 あるいは、リーズナブルを…

続きを読む

沖タカベ(ウメイロ)とアオダイ

2020年07月28日
鹿児島からの魚達です、 沖タカベ 箱の中身を探索、 フィルムを除くと現れい出しは、ウメイロ君じゃない! そして同じく鹿児島からのアオダイが横に並んでました。 まあ、よく似てる魚ですね。 姿に似合わず、どちらも高級魚であります。 ともに白身で血合がきれい ウメイロの旬は春から夏に対し アオダイの方は夏から秋とされているみたいです。 味がいいので煮ても、焼いても、双方ベリーグッド! 明日は休みでしたが魚が少ない今朝、 4:30~のセリは ほとんどイカばかりでした。 そこにこいつがちょびっと 静岡と熊本からの新子 ps 今朝の神奈川新聞より

続きを読む

週明けの様子

2020年07月27日
4:30~のセリは不発でしたが 6:00間際の平塚・鎌倉はなかなかで 鯵 鯖 鯖の山 超ぶっといハモも なんと、この便のあとに もう一便が追加になるほどでございましたです。 鎌倉からのにはお約束のアオリイカに 今日は程よいウルメ鰯が混じりましたね。

続きを読む

連休最中

2020年07月24日
今朝のマグロのセリ場 かわいい27㎏はオーストラリアから ラベルには SOUTHERN  BLUEFIN  TUNA の表示がありました。 ちなみにマグロ各種を英語表記にすると クロマグロ         bluefin tuna 備長マグロ         albacore tuna /white tuna キハダマグロ        yellowfin tuna メバチマグロ        bigeye tuna ミナミマグロ(インド鮪)  southern bluefin tuna こんな塩梅になっています。 そして今日もまた大間から(脂はないけど)54.9㎏が 大間とは海峡を隔てた北海…

続きを読む

ページの先頭へ