魚市場ブログ

産地紹介

なんとも嬉しいニュース

2019年11月11日
15号で被災し、其処に19号が更に追い打ちをかけた 平塚漁港の日海丸、川長三晃丸 約2ヶ月に及ぶ休漁期間を経て 少ないながらも、本日やっと 日海丸が魚を持って来てくれました。 流石に疲れが残っている顔つき しかしながら、 川長日晃丸の再起は、まだまだ先のようす。 なにせ、横浜市場の最大の特徴「追っ駈け」 それを象徴するおふたかたなのですので、 早期の完全復活を心から願うばかりです。

続きを読む

今日から月替わり。

2019年11月01日
月が替わり今年も、もうはや、あと2ヵ月となりました。 10月は台風15、19号の来襲で 魚の入荷が少ないは、 町の店舗営業もままならないは、で散々でありましたね。 温暖化による頻繁な台風来襲、あるいは魚の居場所が変わるなど 今後も続きそうで、それを考えると何ともですね。 さて今朝の丸浜セリ場には 三宅島からのアコウ 八丈からのアオダイ アカハタ 神津島からの金目 ノドグロ・ホンカサゴ のあでやかな連中が入荷をしていました。 丸魚セリバには 鹿児島からクロムツ・オナガ 近くは江の島から カンパチの小さいの(ショッコ)が 仲卸店舗では 伊勢三に日本海で獲れたマヨイガツオ 仲卸・元清では 近場の小柴…

続きを読む

北海道からのあれこれ

2019年10月31日
横浜丸魚のセリ場に 木箱に入った北海道からのこの魚を発見! 周辺の箱と比べてみても、 いやいやかなりでかいのが一目瞭然! 仲卸店舗に並んでいたこの魚(写真下) マツカワカレイ その特徴でもある、 ヒレ部分の黒い縞はありませんでしたが 木箱の奴も同種、 カレイの中では王様と呼ばれている代物です。 マグロのセリ場には 今日も函館は戸井から 151.9kgが入荷 なんとも旨そうな身質でした、 はて、いくらでセリ落とされたのか? そうそう、そうでした北海道のさんま君たち、 ようやく2ヵ月遅れで南下をしてきたようです。 遅きに失した感はありますが やっとお値段も庶民的になって参りました。 これじゃさんま…

続きを読む

もうこんな季節と各地から

2019年10月29日
水産加工食品、 業界用語で塩干売場には もうはやこんな品が (小分けの数の子、このボリーム!いいですね。) 並んでいました。 また鮮魚のせり場に目を転じますと 島根の大田からは あまりお目にかからない「ニシガイ」 それと仲卸・伊勢三に並んでいた マトウダイに似たこの魚 カガミダイが カガミダイの横には 温暖化の恩恵を受けている数少ない事例 北海道からのブリがどんと並んでおりましたです。

続きを読む

深刻な状況

2019年10月21日
15号に次ぐ19号で 相模湾の水中は大変なことになっているらしい。 特に定置網の漁をもっぱらとする平塚組は 網の損害、破れもさことながら 日海丸さんは網を固定する水中の支柱の損傷がはなはだしく 川長さんは海上部の施設に甚大の被害が発生して ともに完全復旧はいつになるとも知れない状況だそうです。 「追っ駈け」をひとつの売りにして、 横浜中央市場の復活を目指す当市場としては、 どんなアプローチで追っ駈けの象徴である、彼らの力になれるか?を 真剣に考える必要があると思います。 日海丸、川長さんの顔を このところとんと市場で拝めておりません、寂しい限り。 また佐島の定置網もかなりの損傷を受けたようです…

続きを読む

久々の入荷

2019年10月18日
平塚はいまだに復活をしませんが、 今朝は小柴、本牧、富岡の近隣から久々の入荷がありました。 仲卸各店にそれぞれ引き取られ 店によっては 売値もはっきり表示され まだまだ、全国各地とはいかないですが 徐々に復活をしてくれることを望みます。 それにしても、平塚はどうしたんでしょうか? ほぼ2か月ばかりまともな入荷がない状況が続いています。

続きを読む

今日も来客

2019年10月17日
昨日は7:00から 飲食店関係者が来場、研修をしてくれましたが 今日も7:00から 島根・大田(おおだ)の皆さんが 大田のプロモーションのあれこれで訪問してくれました。 ポスターにあるように、どうやらアナゴで売り込みたいようですが 個人的には「石見神楽」をメインにして その他もろもろをプロデュースしたほうがと思ってますけど。 ちなみに明日、そごうの地下売場の鮮魚店「山金」さんで 島根・大田の魚のコーナーが設けられますので、 関心のある方はお立ち寄りくださいませ。 日本最大のローカル都市横浜と 日本最小(に近い)ローカルが、どうやって縁を紡いでいくか! これが大命題だと思っております。 しかしま…

続きを読む

青森・戸井

2019年10月05日
今朝のマグロセリ場、ボストンからの隣に 函館の対岸、青森県は大間から20kmほど離れた場所 戸井から御覧の魚が5本ばかり入荷をしていました。 調べてみるとここのマグロは 延縄で獲った後の処理が素晴らしいらしい。 そしてまた総じて津軽海峡のマグロは 青魚を食べることによって脂がのり イカを食べることによって赤身の旨味が増すそうです。 これからがこの場所にシーズンですね。

続きを読む

富岡漁港

2019年10月04日
YOKOHAMA NANBU MARKET に出掛けたついでに、 そのすぐ近くにある小さな小さな富岡漁港(漁師5人位)をちらっと眺めてきました。 居残りの人に聞いてみたら皆さんまだ出漁中だとか これまたせっかくですから 工業団地の被害状況視察に出かけてみると 護岸から沖合眺める沖合に 出漁中の一艘を発見! 皆さんこの船を一人で操船、操業をしています。 これが機械化の進んでいないアフリカなら このトロール船に最低でも20人位乗らないと漁になりませんです。

続きを読む

新ブランド地

2019年10月04日
温暖化に伴って、魚たちはどうやら 北へ北へと移動、住処を変えつつあるのか? 鰤や 鯛も 北海道が一大ブランド場になっていくのか ちなみにこの魚の名称『ホタテタイ』は ホタテの生簀の周辺に居付く鯛でして普通のやつより旨味、甘さがますそうです。 閑話休題 明日は恒例の市場開放日 新装なった魚河岸処 明日から 魚河岸汁は有料(100円) ちなみに明日は『ねぎま汁』です。 そしてまた 市場でしか食べられない仲卸・石橋の『ねぎ兵衛』(200円税込み) しっかりお買い上げ願おうと思っています。

続きを読む

ページの先頭へ