魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

舞阪・釜揚げシラス

2020年05月14日
静岡・舞坂から、そこそこの量の 釜揚げシラスが入荷してました。 手に取ってみると いわゆるごく普通のシラスより大振りでしたね。 釜揚げだから当然ですが水分が多い! まあその分、塩分濃度も低いんですけど。 冷蔵庫に入れておいても、日持ちがしないのが難点ですが この位の大きさの方が味がありますし、塩分控えめで体にも優しいのかな、 カツオ節を絡めて御飯のお供になんて、いかがでしょうか。 4:30~のセリは 千葉・小柴のスミイカ、佐賀・小肌、長崎・赤いか 本牧のタチウオは入荷なし! 5:00過ぎには鎌倉からアオリ 平塚からは今日は残念ながら。

続きを読む

目利き用の尾

2020年05月12日
鮪のセリバ 今朝はたまさか、マグロの上に置かれた 仲卸用の目利き尻尾の形状が たまさか列ごとに こうして分けられていました。 さて、この違いはなんでしょうか? 実は厚みがない薄い方は、 荷主さんから最低入札価格が設定、指定をされたもの 厚い、背の高い方は 指定なし、競り落とされた価格で結構です!の違いだそうです。 ちなみに厚い方は中国船がインド洋セーシェルから 薄い方は日本船が太平洋から獲ってきた魚(メバチマグロ)でした。 生マグロの方は、一番奥にひときわデカイのが 石垣島から延縄で獲った121.7kg 年齢調査中のタグが付いてましたです、 しかし、この図体で何歳なんでしょうかね。 その他の生…

続きを読む

もう夏ですね。

2020年05月11日
今朝は気温も高く、ちょいと蒸しっと 横浜の最高はなんと28度予想です、もうはや夏! さて、丸魚のセリ場、いつも選びぬかれた、 とってもいい魚を送ってくれる鹿児島・坊岬の荷主さんから 今朝はアオダイ 旬は夏から秋 漁獲量は少なく、高級白身魚、刺身用として人気 どんな料理にも合う魚 ヒメダイ(オゴダイ) こちらの旬は春から初夏 こちらもアオダイ同様、上質な白身の持ち主、 刺身はもちろん、いろんな料理で楽しめる。 こちらは仲卸・元熊にあった ヒメダイと似ているアカサバ、正式名称ハチビキ 昔はヒメダイの事をチビキと呼んでいたらしい 旬は冬から夏で 身質は赤、血合いは紫がかった濃い赤 熱を通すと身がしま…

続きを読む

明日はお休みですが

2020年05月09日
このところ、 4:30からの丸魚のセリに連日乗せられるサヨリ 実は愛媛・川之江から来ています。 今朝は同じところから相対取引の場所に アカシタビラメ 旬は春から夏で 身はムニエルなどでイケるのは当然だが かなりいい出汁がとれるようです。 またムニエルが一般的だけど、 降り塩で焼くっていう手もありますよ。 仲卸売場に転じますと 仲卸・元熊に三重からの魚 なんとまあ久しぶりのハガツオの姿がありました。 頭の形からキツネガツオとも呼ばれていて 歯の部分がアップされてませんけど 実は鯖科の魚では珍しく鋭い犬歯状の歯を持つことからその名が。 この魚、カツオと鰆の中間的な味がします、 生で食べるのが最高の…

続きを読む

年齢調査中!

2020年05月08日
今朝のマグロセリ場 生マグロ置き場に グァムからの メバチ3匹とは一線を画す堂々の123㎏の本マグロ 沖縄からの魚でした(身質はこんな感じ) で、首のところに年齢調査中のタグが さてさて、この123㎏、 いったい御年はおいくつなのかしらん? 話変わって、 鯵のおいしい季節が近づいてきましたね。 今朝も各地から集合してくれました。 高知・室戸 近場の三浦半島・金田湾 千葉は銚子から 当然メッカの長崎からも大量に これから脂が乗ってきて、 どんどんおいしくなってまいります。 4:30~のセリは、 今朝も神津島の赤いかと佐賀の小肌

続きを読む

GWが明けて

2020年05月07日
まあなんとも静かだったGWが明けました! 4:30~のセリ、丸浜は式根島からの赤いか 丸魚は本牧・太刀魚 小柴・スミイカ 愛媛・サヨリ 佐賀・小肌 神津島・赤イカ そして金沢区・富岡の魚 セリ場全体を見渡すと、今朝はサワラが目立ちましたね。 宮崎、香川、福井、石川、宮城、千葉各県から 追っ駈けの方も 鎌倉・アオリイカがいよいよ本格化 平塚は鯵・鯖 そして太刀魚 と順調に入荷! マグロのセリ場もそれなりの量が 珍しいところでは三重から ウシノシタ科ではもっとも北迄分布をする クロウシノシタヒラメが そうでした、 ミンククジラも丸魚セリ場に 腹の部分です

続きを読む

GW中の開市!

2020年05月04日
GW最中の今日ですが、開市でございます。 4:30分のセリは 本牧からのタチウオ・佐賀の小肌 そして福岡からの赤いか 鎌倉からは5:00過ぎにお約束の透き通る肌が そして5:30分頃、平塚・川長 なんとも目がきれいな2種が運びこまれました。 これより小さいサイズの鯖も網に入ったそうですが 小田原に餌用として持って行ったそうです。 今朝は福島からの魚の山が目立ちましたね。 アカガレイ ナメタガレイ でぶっちょクロソイ ナメタは北海道からも そして鳥取・境港からのこの山は、小鯵でした。

続きを読む

連休前の市場です。

2020年05月02日
丸魚セリ場に 三宅島からのウメイロ 流通の発達とともに 白身の代表的な高級魚になった。 白身でほとんどクセがなく 刺身、焼きもの、和洋を問わず、用途が広い。 旬は春〜夏だと思うが年間を通してあまり味が落ちない。 同じく丸魚セリ場に長崎からのこの入れ合わせ テングダイ・イラ・コブダイはわかりましたが さてこの魚は??? ヨコスジフエダイ 白身だがやや柔らかい身質で、 まったくクセがなくもの足りないくらい。 単に刺身にするよりも皮目を生かして焼き切り(たたき)とか、 霜皮造りにするほうがいいし昆布締めもうまい。 単純に塩焼きにしても美味だがムニエル、ポワレ、フライもオーケー。 こんなのも丸魚セリ場…

続きを読む

石川・富山で有名な・・・・

2020年05月01日
今朝の仲卸・伊勢三 店頭には先日紹介をした 宮城からのブドウエビが そして石川県からは珍しい 御覧のガスエビ 正式名 トゲクロザコエビ 石川・富山ではガスエビと呼ばれる。 甘エビよりも甘くて濃厚とされるも、 鮮度落ちが早いために流通に乗りにくいのと、 見た目があまり・・・で、が知る人ぞ知る逸品でございます。 同じく伊勢三に 熊本、苓北町からの 巨大な岩垣が 4年間飼育のようですよ。 さてセリ場では丸魚エリアに 愛媛、宇和島から10㎏台の 比較的大きなニベがまとまって入荷! もっぱら焼き物用ですが お値段の割には味がいい魚 そして同じく丸魚セリ場に 福島からの ドンコがかなりの量入荷 本名、エゾ…

続きを読む

明けは近隣大集合!

2020年04月30日
祭日明けは、うれしい近隣大集合でしたよ! 小柴・本牧はもちろん 富岡からの魚も誠に多種多様で5:00過ぎに入荷 そこに平塚・川長からも 鯖 鰯の2種類が参入! で、この2ヶ所からの魚のセリが5:30頃、同時に また丸浜セリ場では手前がチカ その奥に珍しい魚が そう北海道からのキュウリウオ 北海道の沿岸域に棲息し春に産卵(4月~6月)のために川を登る。 大型で味がいい魚ではあるが格安である。 旬は秋〜冬、鱗は薄く取りやすく骨は柔らかい、とありました。 ちなみにチカ 秋から春にかけてときにまとまって入荷をする、 ときどきワカサギと混同して売られていることがあり! ワカサギよりも安く最近は高鮮度で大…

続きを読む

ページの先頭へ