魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

闇の漁獲

2022年01月08日
マグロの最高級の青森県の大間マグロがヤミ漁獲が明るみに出たニュースがありました。地方の市場に大量出荷されていたそうですね~去年は9月、豊洲市場が扱った青森県産大間マグロは60トンだったそうですが、地方の市場に28トンも大間マグロが地方都市の市場が扱う量としては異例の数量だと水産庁が不思議に思い発覚したしたそうです。 地方の市場では、値段も安かったらしく28トン分の値段は約4400万円でキロ単価にすると1500円同じ時期に豊洲では3600円程度だったそうで、静岡の市場では、半値以下で取引されていたみたいですよ!! 大間のマグロを豊洲で仕入れた卸店などは怒りますよね💦以前から漁獲報告より流通量が多…

続きを読む

アジの捌き方教室!!

2022年01月07日
去年の一般開放日に横浜ご当地芸人の横浜ヨコハマさんに魚の捌き方教室を動画で撮りました。 講師として仲卸店のムラマツの社長のムラマツさんに教わりながら家庭で簡単にできるアジの捌き方を、コンビの1人上仲さんが挑戦しました! 今後も魚捌き方教室や、仲卸店の紹介なども市場の公式YouTubeチャンネルにアップしてゆきますので見て下さい!(^^)! https://www.youtube.com/channel/UCC-x1nwQ2YNEPV1jx7v_HpQ  

続きを読む

昨日の大雪からの、、、

2022年01月07日
おはようございます! 昨日は、雪がかなり降っていましたね~関東では5センチぐらい積もりました。自分は長野県出身なので雪にはなれていましたが、、、 夜中仕事に向かう際にバイクが雪に埋もれ氷ずいていました💦いつも早めに出社するのですが、、路面が凍っていて20キロぐらいでノロノロ走っているとパトカーにも止められ色々とありながらもギリギリの到着でした~ いつも通り朝一競り場急いでに向かうと、年明けからなのですが今日も場内はガラガラでしたね~魚も少なくマグロも少なかったです。 追っかけはあり、平塚・富岡からアジ・カレイ・サバ・ヒラメなどが来ていました 来週にはまた魚も増えるそうなので今週はあきらめて来週…

続きを読む

一夜明け

2022年01月07日
昨日の天気とは一転 今朝は快晴 当然だが魚は少なく、 そしてお客さんも御覧の様子 そして仲卸の皆さんも 地域によってはタクシーを飛ばしてきたり あるいは前日から帰宅をあきらめ、車中泊、事務所泊を 決め込む方々も。 そんな今日の市場でしたが、いいサワラの姿がそこそこに 京都 千葉・銚子 山口・下関 そうじて釣物! 横浜市・神奈川区、海辺、水辺にある 市場の周辺は、こんな感じ 温水が入っている絵わけではないセリ場の生簀も 快晴なれども、気温はマイナス。

続きを読む

菊平さんでバイト

2022年01月06日
去年の29日・30日にマグロの菊平さんでバイトさせて頂きました~貴重な体験でしたね~ 自分はもちろん捌ける訳がないので簡単なマグロの真空パックとマグロのパック詰めをしてました。 本マグロの頭から頭肉・ほほ肉・三角と希少部位を凄い数のマグロの頭から丁寧に取り出す作業が地道で凄く大変そうでしたね~ この頭肉・ほほ肉・三角を詰め合わせにして店頭に並べ]販売していました~ 市場での年末の買い出しは毎年人で溢れて凄いと言われていましたが、舐めてましたね~店前の通路が人の多さで歩けない程でした💦写真をもっと撮りたかったんですが、、それどころではなかったです(*_*) 終わった時はクタクタで筋肉痛になりなが…

続きを読む

水産仲卸組合公認の芸人!

2022年01月05日
この度、横浜のご当地芸人として活動している「横浜ヨコハマ」が、 横浜魚市場の公認芸人に就任しました。 今後、横浜魚市場のYouTubeチャンネルにて、横浜ヨコハマが、 市場の紹介やイベント魚の捌き方等、様々な情報を発信したり今後市場のイベントなどにも出演したりする予定ですので宜しくお願い致します。是非チャンネル登録もよろしくお願いします。

続きを読む

青果の初競り!!

2022年01月05日
青果部に行く事が普段ないのですが、年明けの青果の初競りを見学させて頂きました!! 色々な野菜が盛られている(宝船)初競りの目玉で、宝船は新年の五穀豊穣や商売繁盛を祈願し、船に野菜などを積んで作られるものだそうです。目の前で見ると迫力がすごかったですね~ そのうちのひとつ大きな船がありました~これが金港青果さんの宝船で、職員総出で飾り付けたものらしいですね!!神奈川の野菜で作られた宝船!(^^)! しかも今年は、女性が競りをするそうで話題になっていました!!初競りを女性がするのは開業以来初めてみたいですよ~テレビの撮影も来ていました ちなみにこの大きな宝船は15万であの伝説のチーズケーキで有名な…

続きを読む

明けまして

2022年01月03日
今年も5日から市場はスタートです。 水産部の方のセレモニーは 4:10~セリ場に置いて、 両荷受の社長、仲卸組合理事長、市場長などの挨拶で始まります そして青果は7:10から こちらは恒例のセレモニー 皆さん、これは一見に値しますよ、 今朝はその関連となる記事が神奈川新聞にありました。 水産も工夫が必要ですな!    

続きを読む

来年の取り組みと妄想

2021年12月31日
当市場の水産部 さすがにこのところ減額の金額は少なくなったと言えども 長期低落の傾向には歯止めがかかっていない。 そこはコロナがたとえ解消しても 変わらないと思う。 今日に至るまで、市場の活性化に関しては 官民で本当にいろんな角度からアクションをしてきた たぶんこのお題目で15年はやっているんではなかろうか。 まあ本気度がたりない! といってしまえばそれまでだが、いまだ これといったカンフル剤になるものは見いだせていないのが現実。 さてさて、売上増が期待できないなら、 とくに仲卸各店のランニングコストを下げられないか? そこで着目は「共同配送」 いちどしくじっているこの取り組みを、 来年は是非…

続きを読む

高騰の理由

2021年12月30日
しかしまあ、今年のタラバは いったいどうした!ってくらいに価格が高騰している。 その原因をたどっていくと まずはその1、 ロシアが資源保護のために漁獲制限し品薄に その2、 アメリカ人が今まで食べていなかったタラバを 食べるようになった食環境の変化! その3は、 1,2の事態が重なり 国際市場で日本が希望値段でタラバを買えない状況に その4、 致し方なく高値で買い付けをせざる得ないことに。 その5、 ここにきての円安が、 この価格上昇に拍車をかける。 来年は、果たしてどうなることやら。  

続きを読む

ページの先頭へ