魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

シール&バッジ

2019年07月05日
台風などあって久しぶりに平塚・川長から魚が 平子の山 他に鯵 ワカシ そして1.2㎏のゴマサバ 今朝は鎌倉からも 平塚・鎌倉・小坪からのいわゆる「追っ駈け」は セリ場の一角にこんな感じで掲示をされます。 よく見るとシールが そして今日から新たに 非公認ではありますがバッジも登場 まあ、追っ駈けは ヨコハマイチバの文化遺産みたいなものですから。

続きを読む

大間の木もずく

2019年07月04日
横浜丸魚のセリ場に 青森は大間から 木もずく <検索> 大間特産天然木もずくは春から夏にかけてがシーズン 弁天島周辺の潮流の早い場所で漁獲をされ、柔らかさ、美味さは最高! 湯掻いた奴をポン酢をかけて、あるいは味噌汁の具材などで。 木もずくとは? 海中に木の根ように生えているため木もずくと名前がつきました。 <おまけ>(その1) 仲卸・本勘幸、いつもの捌きの場所に ザルに乗せられた御覧の鰯が目に留まりました 捌いた本人曰く、『世も末ですね』と、なんと魚屋さんの注文だそうです。 <おまけ>(その2) 仲卸・伊勢三に 超巨大な赤貝、楽勝、普通の3倍、もちろんお値段の方もでしたが。 <おまけ>(その3…

続きを読む

コールドチェーンと目利きがあれば

2019年07月01日
いまや世界的です、先日のタイでも感じましたが アジア地域でも日本食の高まりには目を見張るものが、 今回訪ねた上海ではそれをはるかに上回るものを感じました。 隈研吾さんが上海のこのホテルの地下に設計をした くろぎ(日本で予約が出来ない和食の店) いくつかの部屋がありましたが 8人しか座れないカウンターがやはり華 たまさか板長さんと話しをしたら、 きちんとした和食を出す店はまだまだ少ないけど 最低300軒は日本人が板前の鮨店があるから、 それらを対象にして温度管理、目利きが出来る魚の卸店があれば、 皆さんこぞって買いに行きますよ!と。 いまや3000万人が住む上海 かの地での仲卸店舗プロジェクトも…

続きを読む

三味線のバチ?

2019年06月25日
仲卸・北丑 店頭に置いてあったこの品 この店ではカラスミも自家製ですが、 どうやらこれもそのよう、さてこれは何でしょう? 漢字で海鼠腸と書きましてコノワタと読みますがナマコの内臓の塩辛のこと、 寒中に製したまた腸の長いものが良品であるとされてます、 尾張徳川家が師崎のこのわたを徳川将軍家に献上したことで知られ、 ウニ、からすみ(ボラの卵巣)と並んで日本三大珍味の一つに数えられますが、 そのコノワタよりもさらに少量しかとれない稀少な珍味がこれ、クチコです。 クチコは、なまこの卵巣を塩漬けにして干したもので 1枚のくちこを作るのに必要ななまこの量は数十キロとも言われ、 稀少な珍味とされていて珍味中…

続きを読む

まともな(笑)取材が入りました!

2019年06月24日
平塚からは今朝も5:30頃に朝どれの入荷がありました。 そしてこのセリシーンに まともな(笑)テレビ取材がはいりました。 またセリ後には ここの魚をよく買う仲卸・森滝社長 同じく仲卸売場で仲卸・八丁平、社長にはインタビューも そう、あとは肝心の川長さん 横浜丸魚セリ人(平塚、鎌倉担当)佐藤さんにも オンエアの期日に関しては 判り次第、ここでお知らせを致します。 <おまけ> 横浜丸魚の鮮魚セリ場に北海道からのこの魚 大山くんが抱えて居るのは、なんと「マスの助」ことキングサーモン いくら?と聞いて 返ってきたこの魚の値段に唖然!

続きを読む

日中交流

2019年06月22日
今日は山手中華学校の先生4名が 初めて横浜中央市場を訪ねてくれました。 仲卸売場、卸売場を巡って、詰所でコーヒーブレーク そこからたまさか本日開催の料理教室に顔を出し、 設備の観察、すると講師テーブルの上の鏡に感動(彼らの学校にはその設備が無し) お次は発砲スチロールの処理場を眺めると これも子供達には面白いね!と先生達 そして皆さんにはすこし遅い朝ごはん 私にはすこし早い昼ごはんを関連棟の大黒屋さんで 写真は私が食べた「釜揚げしらす丼(たらこ乗せ)」850円 他の皆さんは わがまま三色丼 1300円 いくら丼 1500円 8:00~11:00まで、3時間ばかり市場を巡ってもらいました。 さて…

続きを読む

活況

2019年06月20日
休み明けの市場 今朝の生マグロの売場は日本海、奄美、鹿児島、オーストラリア、グアムなど いやいやところ狭しと。 境港 佐渡 島根 定置網になんと189kg 大分、奄美、鹿児島から ニュージーランド グアム 毎日こうだといいのですが。  

続きを読む

ホンマの卵と白子

2019年06月18日
今朝は明日が休みだというのに魚は少なかったですね、 朝どれ組は平塚、川長・日海丸、そして鎌倉もありましたが。 仲卸売場を歩くと 仲卸・伊勢三に なんと本マグロの卵 それと白子が こちら、仲卸売場では初めて見ました。 どうやら大変な珍味の様で、 さてさて、誰が買っていったのやら。

続きを読む

梅雨明け?

2019年06月17日
昨日も誠にいい天気でしたが、今朝も横浜は御覧の空で明けました。 しかしながら、土曜日の荒天、昨日のあいにくの風で 魚の入荷はイマイチ。 そんななか、目を引いたのが鰯の入荷の多さ、 いわゆる入梅鰯 千葉・銚子、宮城・石巻、北海道の各地から 脂の乗ったいわしが大量に。 おまけ 仲卸・伊勢三に 6月~7月限定の新子が入荷をしていました。

続きを読む

市場開放&キャベツウニ

2019年06月15日
あいにくの雨で すこしばかり入りの悪い市場開放だったでしょうか。 セリ場の果物は山形のサクランボや NZのりんごなど 魚の袋詰め放題は御覧の魚達 いつも大盛況であります。 そして今日は昨年に続きキャベツウニのお披露目 取り組みのきっかけ 観察で判ったこと まとめ 以上の研究発表のあとは実際に食べる機会が 昨年に比べ、 甘さがまし、見入りがよくなっている気がしましたよ。

続きを読む

ページの先頭へ