魚市場ブログ

魚市場ブログ一覧

視察&研修

2019年10月31日
昨日は仲卸組合の理事長自らが 総勢23名の名古屋北部市場の青年部を率いて 当横浜市場の視察研修をしてくれました。 ですが昨日は関西圏は休み、そして横浜でも青果は休市 また水産仲卸も4社ばかり届け出休業をする あいにくの超閑散の水曜開市日 4:20〜視察を開始して せり場、せり、仲卸売場、関連棟、配送センター などなどぶらりしてもらい、朝飯をすませ 8:00から90分ばかり質疑応答タイム その後はバスで小田原・鈴廣さんへ移動 焼きちくわ作り体験と昼食 そして14:08分の列車で帰還の日程でした。 さて皆さん、何を持って帰ってくれたか 名古屋もそして11月7日に来訪予定の 奈良もこれから再整備が始…

続きを読む

視察が続きます

2019年10月29日
明日は名古屋北部市場から 仲卸組合の理事長以下総勢24名の視察団が 貸し切りバスで横浜中央卸売市場を来訪です。 4:30からせり場、仲卸売場と巡り 朝飯を三々五々食べてから、当方の組合理事&行政マン等とで 8:00から90分ばかりディスカッション で、そのあとは小田原に飛んで 鈴廣さんにお邪魔をし、あれこれしてから 14:00頃、小田原駅から帰還の日程となってます。 また11月7日は奈良県の中央市場の皆さんが 視察にいらっしゃいます。 当市場を他山の石として 再整備が始まる以上の2市場の少しでも参考になれば幸いと。  

続きを読む

もうこんな季節と各地から

2019年10月29日
水産加工食品、 業界用語で塩干売場には もうはやこんな品が (小分けの数の子、このボリーム!いいですね。) 並んでいました。 また鮮魚のせり場に目を転じますと 島根の大田からは あまりお目にかからない「ニシガイ」 それと仲卸・伊勢三に並んでいた マトウダイに似たこの魚 カガミダイが カガミダイの横には 温暖化の恩恵を受けている数少ない事例 北海道からのブリがどんと並んでおりましたです。

続きを読む

赤レンガへ出張

2019年10月26日
今日、明日と 横浜赤レンガ倉庫周辺で開催の 「東京湾大感謝祭」 横浜中央市場としてはその会場の一角に地場魚を並べ、 そしてその脇にキッチンカーを配置して 来場者におおいにアピール 明日も、出動であります。

続きを読む

ひがしもの

2019年10月25日
9月~12月のこの時期、塩釜の東方沖で獲れる 脂の乗ったバチマグロを「ひがしもの」というそうです。 たまさか今朝は 仲卸・井桁にその試食が用意をされてましたので ちゃかり、しっかり食べさせていただきました、 しっとり、ねっとりの食感がなんともの逸品でしたね、 さて「ひがしもの」の条件です。 ★千島海流(親潮)と日本海流(黒潮)がぶつかり合う 三陸東沖漁場で鮪延縄船によって漁獲されるメバチマグロであること ★塩竈市魚市場に水揚げされ、秋口〜冬場にかけての期限限定であること ★天然もので、冷凍保存を施さない生のメバチマグロであること ★「鮮度」「色つや」「脂のり」「うまみ」などを兼ね揃えたもので、…

続きを読む

あっ、そうか、水曜日

2019年10月23日
祭日明けの今日でしたが 仲卸売場にはまるで気がない、人がいない、魚が少ない なかには一度店を開いてから、 すぐに店じまいをして戻ってしまった店もあったほど。 で、気が付いた、あっ今日は水曜日! そうか、そういうことね、 しかしまあ、この状況はほんとにやばいです、 一応、日本で2番目の大都市横浜の中央市場でこの状況 豊洲を除けば、おそらく全国各地も似たりよったり、かな? これから関税が下がり 肉がますます安く流入をしてくると魚の立場は俄然弱くなります。 そこに 小売店(魚屋・飲食店など)の減少 魚離れ、 とどめは漁獲高の減少 と市場の水産部を取り巻く環境はますます厳しいものがあります。 ちなみに…

続きを読む

深刻な状況

2019年10月21日
15号に次ぐ19号で 相模湾の水中は大変なことになっているらしい。 特に定置網の漁をもっぱらとする平塚組は 網の損害、破れもさことながら 日海丸さんは網を固定する水中の支柱の損傷がはなはだしく 川長さんは海上部の施設に甚大の被害が発生して ともに完全復旧はいつになるとも知れない状況だそうです。 「追っ駈け」をひとつの売りにして、 横浜中央市場の復活を目指す当市場としては、 どんなアプローチで追っ駈けの象徴である、彼らの力になれるか?を 真剣に考える必要があると思います。 日海丸、川長さんの顔を このところとんと市場で拝めておりません、寂しい限り。 また佐島の定置網もかなりの損傷を受けたようです…

続きを読む

日中友好出前授業

2019年10月20日
市場開放イベント 日本財団イベントがあった市場を離れて 横浜山手中華学校(大陸系の学校)へ出向きました。 昨日は4回講座の第一回目 煮干しの解剖と、煮干し出汁の味噌汁を食す! 先生は中央市場でもお世話になっている お魚マイスターの大貫さんと、アドバイザーの山形さん さっそく煮干しの解剖に取り掛かります 低学年の子供たち(お母さん、お父さんも参加)でしたから どうかな?と思っていましたら もうみんな真剣そのもの、国民性の違い?とても元気で熱心 出来上がって作品はこんな感じとなりました。 秘密兵器も脇に置かれてまして 子供たち、もちろん私もでしたが、興味津々でございましたよ。 解剖が終わると、お次…

続きを読む

雨の市場開放日

2019年10月19日
あいにくの天気の市場開放日でした。 台風の被害がいまだ続く平塚からは今日も魚の入荷がなく また近隣の漁港もまだ本格操業に至らず、詰め放題は中止! そんななか魚河岸処では100円で蟹汁が そして、 魚河岸処の隣の仲卸・魚竜ではこんなサービスも また普段は見られない各店の店頭シーンでございました。 セリ場では恒例の野菜 果物販売が 11月は市場開放日がなく 代わりに11月17日に8:00~市場祭りが挙行されます。

続きを読む

久々の入荷

2019年10月18日
平塚はいまだに復活をしませんが、 今朝は小柴、本牧、富岡の近隣から久々の入荷がありました。 仲卸各店にそれぞれ引き取られ 店によっては 売値もはっきり表示され まだまだ、全国各地とはいかないですが 徐々に復活をしてくれることを望みます。 それにしても、平塚はどうしたんでしょうか? ほぼ2か月ばかりまともな入荷がない状況が続いています。

続きを読む

ページの先頭へ