魚市場ブログ

お魚ニュース

真相

2022年01月18日
昨年のタラバガニの高騰が 朝日新聞の記事にありました。 以前書き込んだことが詳細に 漁獲高の減少と 需要増 ★ 中国来日経験の富裕層 ★ アメリカの健康志向の高まり 国際市場での買負け 高値でも仕方ない買わざるを得ない状況に。 そして、国産の蟹にも、高騰が波及 さてさて当面このトレンドは続くと見込まれるから 去年に続き、トホホの今年になりそうです。  

続きを読む

見分けと珍品

2022年01月12日
体形がそっくりな魚が、仲卸・伊勢三の店頭に、 しかしながら微妙に色合いが違う! 口をつままれた魚は 背鰭の下の白い斑点が茶色で囲われている ウッカリカサゴ 顎の部分をつかまれた魚は ユメカサゴ どちらも味の方は遜色なし! そうそう、同じ店に 紐でつるされたサワラが こうして薄く切って食べると絶妙! 新巻鰆

続きを読む

ツチホゼリ&アコウ

2022年01月11日
仲卸・ムラマツ店頭に 鹿児島からの???? こんな魚???? ハタ科の魚かなあと思いましたが、それにしては体高がある、 そこでさっそく調べてみたらツチホゼリ 浅場の砂地などを掘り自分のすみかを作る習性からその名が付いたようです、 でやはりハタの仲間でした、 そしてなんとかなりの高級魚と判明致しました。 このブログ書き始めて9年目になりますが この魚はお初、そのくらい珍しいめったにi獲れないって事 いわば貴重種! また同じく店頭に、山口・萩からの赤い大きいの はて、メヌケ?赤魚? 担当の大ちゃんに何処で見分けるの? と尋ねてみましたが、これがなかなか曲者で、 プロ中のプロでもなんとなく判別できる…

続きを読む

去年のサンマ

2022年01月10日
昨年のサンマ漁の集計がでました。 このグラフを見れば 一目瞭然! 市場の現場を見る限り、 後半の12月に入ってから そこそこの入荷を見てましたから、 もう少しあるかと思ったら・・・・・ 今年はどうなりますやら、 秋刀魚で食べていた皆さんのことを思うと・・・・。 スルメイカもしかり、 アニサキスから魚価低迷中のカツオもしかり 今年はいいニュースが少しでもあってほしいですね。

続きを読む

高騰の理由

2021年12月30日
しかしまあ、今年のタラバは いったいどうした!ってくらいに価格が高騰している。 その原因をたどっていくと まずはその1、 ロシアが資源保護のために漁獲制限し品薄に その2、 アメリカ人が今まで食べていなかったタラバを 食べるようになった食環境の変化! その3は、 1,2の事態が重なり 国際市場で日本が希望値段でタラバを買えない状況に その4、 致し方なく高値で買い付けをせざる得ないことに。 その5、 ここにきての円安が、 この価格上昇に拍車をかける。 来年は、果たしてどうなることやら。  

続きを読む

顕著・傾向

2021年12月27日
今朝も島根・大田、勝部商店さんから メジかと思いきやカツオ 石川・七尾 このブルーならてっきり中身はブリと思いきや カツオの文字 とどめはこの山口からの魚 これまたカツオ! まあ、今年後半戦は、 日本海側のカツオがなんとまあ多かった事、 おそらくこれが今年後半の最大のトピックスか! いったい何があって、これほどの「迷い鰹」が発生? しかし残念なことに、 いま、カツオそのものを扱わない店、 特にスーパーにおいて顕著なのがなんとももったいないと思いますね。 戻り鰹も旨いのですが、この迷いもまた結構な質、味なんで 何とも、もったいない話です。 アニサキスって、そんなにリスクのあるものでしょうか? 一…

続きを読む

鮪の体

2021年12月26日
鮪のセリ場には、 大間の北海道側の対岸、戸井から 106.2㎏の本鮪が来てました。 また48.4㎏のメバチが塩釜 そして銚子から このところ、鮪の入荷は不調でありますね。 さて入荷の魚、 よく見ると本鮪に比べるとメバチの胸鰭は長いように思います。 そうそう、それと各魚体とも 背鰭 胸鰭 それぞれが、 見事に収納ができるようになってます、 よくできていますね。 また、相対品として並んでいた、天草の鮪 この角度から見るとわかりやすいですけど、 後部の小さい背鰭 御覧のように体の軸よりかなり下に傾いています、 実はこれこそが養殖物の証で、 生簀のプールを同方向に旋回するうちに 形状がこう変化をしてし…

続きを読む

朗報!

2021年12月08日
今朝のちょつとしたニュース 今のところは、資源が回復! 配分方法 増枠の海域 しかしながら まだまだ、予断を許さない!

続きを読む

神の創造物

2021年11月11日
鮪のセリ場には、 今朝も戸井やオーストラリアや長崎の生本鮪、 それと 小笠原からの生メバチが入荷をしてました。 戸井の魚、つるんとした背中で映ってますが ねっ、こうしてみると 実は背鰭が収納をされているんですよ。 同様に胸鰭も体に密着するようになってます。 泳ぐときに水の抵抗を少なくする仕組み、 ほんと、人間ももちろんですが、神の創造物は 実によくできております。 さてさて、今日は11月11日 横浜中央市場では、今日を「魚の日」として 毎年供養を行っています。 なぜ今日なのか?わかりますか。 「鮭」という字、魚へんに「土」が二つ 「土」を上下にばらすと「十」と「一」わかっていただけたでしょうか…

続きを読む

市場レポート

2021年09月14日
和歌山県から(マコンドウ鯨) マコンドウ鯨と言う鯨のお肉がありました~クジラの町と言われている和歌山県太地町(たいじ)で水揚げされたクジラになります。昔から捕鯨で全国的に有名な街でした!!和歌山県の南部地域では日本遺産としても認定されているそうで、厳しい生活・経済環境のもとで鯨を捕り、それによって生計を維持し、家族を養い、地域を支えてきた伝統とその中で育まれてきた文化がありました!!クジラやイルカ漁は何かと問題になりますよね~ちなみに自分は、クジラベーコンしか食べたことしかないので刺身で一度食べてみたいです(^^) 鹿児島から(梅色) ウメイロは、スズキ目フエダイ科アオダイ属の魚です。ウメイロ…

続きを読む

ページの先頭へ